愚痴が多い夫をどうする?お互いのストレスを減らす対処法とは!?

写真拡大

愚痴っぽい夫に困っている妻必見!夫の愚痴きちんと聞いてあげていますか?いちいち聞いていられない!と聞き流していませんか?聞き流していても、夫の愚痴は止まりません!愚痴の多い夫の愚痴を減らす方法をご紹介します。
できるだけ愚痴は聞いてあげよう!
夫の仕事上の愚痴は、可能な限りは聞いてあげてください。ストレスの発散のために、聞いて欲しい場合がほとんどです。夫は、家族のために、嫌なことがあっても一生懸命働いてくれています。感謝の気持ちを持って、できる限りは、ストレスなく翌日出社できるように聞いてあげる方が、家族のためになるでしょう。

一通り、話したら、スッキリするかもしれません。聞いてあげるだけで良いのです。少しの時間を夫の愚痴のために割いてみてはいかがでしょうか。
しつこい時は、共感するべし
愚痴を毎日聞いていても収まらない、もしくはエスカレートしている場合には、一度確認してみてください。もしかして、愚痴を聞くときに「でも、それは…。」などと意見をしたりしていませんか?

­

男性は、女性に愚痴をこぼすときに、意見などは求めていないことがほとんどです。できる限り聞き役に徹して、「そうだね。わかるよ。頑張ってね!」などと、ひたすら共感して、励ますようにしてみてください。

­

少し、夫が間違えている、と感じたとしても、否定をすることで、さらに愚痴はエスカレートすることでしょう。どうしても、意見を言いたい場合には、夫の愚痴が収まった後に違うタイミングで「さっきの話、私なりに少し考えてみたのだけど」と言う形で切り出すようにしてください。

夫も少し落ち着いたことで、違う意見に素直に耳を傾けるかもしれません。
愚痴を減らすには、感謝して向上心を引き出そう!
毎日夫の愚痴を聞くことにイライラしたり、疲れたりしている場合には、夫の愚痴を減らすように仕向けることも必要です。愚痴を聞いているうちにあなたがイライライしてくると夫婦ゲンカに発展する恐れがあります。夫のストレスはさらに蓄積されてしまうことでしょう。同時にあなたのストレスの元にもつながります。

­

では、どうやって、夫の愚痴を減らすようにすれば良いのでしょうか。実は、愚痴というものは、元をたどると向上心だということをご存知ですか?

「もっとできるようになりたい」「会社の体制がもっとよければ」「営業成績がもっとよければ」など、愚痴の元は実は、もっと「上に行きたい」という向上心なのです。その心を上手に使って愚痴を止めてみましょう。

­

向上心ということは、夫は、自分の置かれた境遇よりも上の境遇を求めているということです。しかし、思うように上にいけないから、愚痴をこぼす結果となっています。もしかしたら、自分の能力以上のことを望んでいるのかもしれませんよね。

­

本当は、愚痴を聞いてあげているうちに、本人が努力して望んだ環境が手に入れば、愚痴は一時的に収まります。しかし、人間は、常にないものねだりを始め、次の欲求が出てくるのです。その結果また愚痴が始まります。

­

夫の愚痴を減らすためには、自分の置かれた環境は最低ではないのだと理解させてあげましょう。

­

例えば、「もっと会社の体制がよければ」という愚痴であれば、「テレビで見たんだけど、あなたの会社の体制よりももっとこんなに悪い体制の会社があるのよ!それに比べたら、本当に今の会社に感謝するべきじゃないかな。私は幸せ者だと思うよ。働いてくれてありがとう」などと、伝えてみましょう。

­

今のままで幸せだと感謝しつつ、そんなに悪くないということに気づかせてあげれば愚痴は収まるはずです。少しテクニックが必要かもしれませんが、どうしても止まない愚痴には有効に働くことでしょう。

­

ただし、向上心を削いでしまう結果になることもあるので、「どうしても愚痴が収まらなくてガマンの限界」という場合にのみ使うようにしてくださいね!

­

いかがでしたか?愚痴の多い夫の相手を毎日行うことはストレスになりますよね。しかし、愚痴を言い合える関係になり、お互いに、ストレス発散を行い、翌日からお互いが頑張れる関係が理想なのかもしれません。

­

多少の愚痴であれば、できる限り聞いてあげてください。どうしてもガマンができないほどの愚痴で家族関係が悪化している場合には、夫の愚痴を収める方法を試してみても良いかもしれません。

しかし、ある程度の愚痴は誰にでもあるもの。少し広い心を持つことも大切ですよ!

­

ふう

ライター

3人の子どもの母でありながら、ライターとして得意分野の恋愛系コラムを中心にWEB媒体などで執筆中。自らの円満家族生活をもとに、家族関係についても発信し、活躍している。

­

写真© polkadot - Fotolia.com