【ayu全国ツアーの裏側】聖地・代々木への感傷&ツアーファイナル・大阪への抱負

写真拡大 (全3枚)

 

先週末に行われた、聖地・代々木での3days。

 

なぜ“聖地”と呼ばれるようになったのか。

 

代々木第一体育館は “浜崎あゆみ”の初めての全国アリーナツアーである

2000年の「第一幕」から17年連続でライブを行ってきた場所であり、

1年を締めくくるカウントダウンライブを行い、

ファンと新たな1年の幕開けを共にしてきた場所なんです。

 

その通算、17年連続という記録が今年でピリオドを打つ。

 

東京オリンピックのための改築工事の決定が下ったときから、

この日がくることは分かっていたけど、

 

代々木でのラストライブは2016~2017のカウントダウンライブになるだろうし、

今回のツアーではそれほどの感傷はないかな?と思っていたんですが、

それは、やはり傍目感覚というもの――。

 

 

浜崎あゆみとしての自分をすべて出し切る場所。

ステージに賭ける、アーティストとしての誇りやプライドが

どれほどのものかを裏側で見てきたか――。

それを思い出してからは、今回の代々木でayuが発したひと言、ひと言や、

久しぶりに復活したサプライズも、楽屋での様子も納得のいくものでした。

 

いつも以上にピリリとした座長の顔で現れた1日目。

まず、圧倒されたのが、リハでの本番さながらの「You were…」の熱唱。

今回のツアー中、何度もこの歌に泣かされましたが、

まさかのリハで、ラフなリハ着のままのayuに泣かされるなんて――。

 

歌だけでも勝負できる人。それは十分承知してたけど、

なんですかね。魂を揺さぶられるこの感じ。

この時点から、すっごい3日間になるんだろうな。と思わず鳥肌が立ったほど。

 

本番はまさにその予感的中で、初日なのに最終日か?

と思うような一部の隙もない、ステージを魅せつけた浜崎あゆみ。

アンコールでは、スタッフが総出するというサプライズも久々に復活!

確か、2006年のミスアンツアーで私もステージに上がらせて頂いたことが

一度あったんですが、

 

「素人は上がるもんじゃない」というのが当時の記憶(笑)。

 

花道を走って帰ってくる。それだけのことなんですけど、その数十秒ですら、

客席からの熱気に気圧されてフラフラしちゃうんです。

 

プロとしてアリーナに立てる人間というものは、それだけで選ばれた人なんだ。

と思ってたけど、ステージに立つまでにどれだけ何を積んできたか。

その確固たる裏打ちがなければ、堂々と何万人もの人たちと向き合えない。

 

それを17年続けてきたayu。そして、ダンサーさん、パフォーマーさん、バンドさん。

この一座がどれほど素晴らしいチームなのかを、3日間のファンの皆さんの熱気を

肌で感じ、キラキラした笑顔や涙を見ながら、改めて痛感した。

 

私にとってはそんな3日間でした。

 

 

特に、ayuと17年連続というきっと、今後破られることはないであろう記録を

第一幕から一度も休むことなく共に刻み、サポートし続けてきた盟友、

ギターの野村義男さんとダンサーのみどりちゃん、

 

最終日に、楽屋でayuが

「そっか、今はもう、よっちゃんとみどさんだけなんだ。ホントすごいよね」

とつぶやいたひと言が、その歴史の途方もない長さを表していたように思う。

 

 

ひとつのことを続けていく――。

そこには強い精神力と、膨大な努力がなければ必要だ。

 

何があろうと、どんな時でも、

“ただ前に進め!”と自分を奮い立たせてこそ、

最高のステージを作り上げることが出来る。

 

アリーナツアーとしては、このステージが代々木のラスト。

その大一番を、代々木を最後尾まで埋め尽くす最高に熱いファンたちと共に

これ以上ない浜崎あゆみらしいステージで飾ったayuと一座。

 

たぶん、燃え尽きたと思うんです。ayuも一座も。

でも、今週末の大阪3daysが、

MADE IN JAPANの本当の見納め。

 

ayu自身、現時点でこれ以上のステージは作れない。

と、言い切るほどのステージ。

 

全国を回りながら、大勢のファンにパワーをもらい、細部にまで磨きをかけてきた

MADE IN JAPANの最終形が、本公演・初の大阪で再び息を吹き返す。

さらなる高みを目指し、きっと、今頃またayuは穴が開くほどステージの映像を

見直してるんじゃないかと思うんです。

 

また一歩、前に進むために――。

 

 

大阪公演に出陣予定のみなさん、

 

17年連続記録を超え、新たな記録を刻んでいくであろう大阪城ホール。

関西パワー全開で、その新たな幕開けを飾ってくださいね!

 

Text/Takako Tsuriya

 

 

※「MADE IN JAPAN」ayuが選んだベストショットはコチラでチェック

 

※過去のレポートは↓↓コチラ↓↓

【ayu全国ツアーの裏側 杣命浸1討魏魘悗靴人由&ayuの変化について

【ayu全国ツアーの裏側◆曠好董璽犬梁腓な進化&ツアーの裏テーマについて

 

<ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A 〜MADE IN JAPAN〜>

2016-05-14(土) 日本ガイシホール

2016-05-15(日) 日本ガイシホール

2016-05-21(土) ゼビオアリーナ

2016-05-22(日) ゼビオアリーナ

2016-05-28(土) 静岡エコパアリーナ

2016-06-03(金) 広島グリーンアリーナ

2016-06-11(土) 神戸ワールド記念ホール

2016-06-12(日) 神戸ワールド記念ホール

2016-06-18(土) マリンメッセ福岡

2016-06-19(日) マリンメッセ福岡

2016-07-02(土) サンドーム福井

2016-07-08(金) 国立代々木競技場第一体育館

2016-07-09(土) 国立代々木競技場第一体育館

2016-07-10(日) 国立代々木競技場第一体育館

2016-07-16(土) 大阪城ホール

2016-07-17(日) 大阪城ホール

2016-07-18(月) 大阪城ホール

 

http://www.madeinjapan-ayu.jp/