ホステスプロ香妻、この日は声援を力にスコアを伸ばした(撮影:福田文平)

写真拡大

<サマンサタバサ レディース 2日目◇16日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,582ヤード ・パー72)>
 香妻琴乃が自身の所属するサマンサタバサ主催の国内女子ツアー「サマンサタバサ レディース」の2日目に、5バーディ・1ボギーの“68”を叩きだし上位に進出した。
フォトジェニック!香妻琴乃の特選フォトギャラリー
 出だしの1番でボギーを叩いたが、次の2番で5メートルを沈めてバウンスバック。8番でもバーディを奪い、「前半で伸ばせて楽になれた」。気持に余裕が生まれたバックナインでは3バーディを奪取。「アンダーを目指してやった」との狙い通り2アンダーまで伸ばして36位から19位まで浮上。記者からの「ホステスとしての意地ですか」という質問に対し、深くうなずいた。
 「スタジオアリス女子オープン」以来となる今季2度目の60台は、忘れかけていた気持ちを蘇らせてくれた。「最近ボギーを打たないことにこだわりすぎていた部分があった。成績が出ていた時は今日みたいに思い切ってプレーしていた」。とにかくバーディを、失いかけていた攻めのゴルフという自分の持ち味を思い出した。
 今日は雨風吹き荒れた昨日とは打って変わり、気温30度近くまで上昇する蒸し暑い中でのプレーとなったが「先週の函館とは温度差がすごいですが、私は暑いほうが好きなので」と意に介さなかった。明日は30度を超える予報が出ているが、問題なさそうだ。「明日ももっとスコアを伸ばせるように頑張りたい。とにかく自分のベストを尽くします」。一昨年に2位になった良いイメージも活かして、最終日もバーディを量産し大会を盛り上げる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>