「世界を爆買い」する男、王権林の秘密

写真拡大

建国以来、長い激動の時代を経てきた中国では、ビジネスマンの経歴もさまざまだ。万達集団の王健林は、何度も転職する中で得た軍隊の強い結びつきに力を得てきた。

「大連万達集団(ワンダ・グループ)」の王健林は2016年、香港の李嘉誠を抜いて、ついにアジアトップの富豪となり、中国本土出身者としては初めて、フォーブス「世界のビリオネア」ランキングのトップ20入りを果たした。

万達集団は、中国各地でショッピングモール「万達広場」の展開、ホテルや娯楽施設の建設、経営など、不動産業に留まらない幅広い事業を展開している。12年にはアメリカの映画館チェーン「AMCエンターテインメント」を買収(28億ドル、約3,000億円)、それを手始めに映画関連の企業買収に乗り出し、今年1月にはハリウッドの映画製作会社「レジェンダリー・エンターテインメント」を35億ドルで買収し、世界を驚かせた。

王はまた、「サッカーは生命の一部」と話すほどのサッカー好きで知られ、15年に出資したスペインの「アトレティコ・マドリード」は今年、チャンピオンズリーグ決勝に進出。万達集団が、FIFAの公式スポンサーとなることも決まった。

いまや押しも押されもせぬ世界的成功者となった王だが、生まれは決して裕福ではない。

軍で培った人脈と度胸

王健林は1954年、四川省綿陽市で生まれた。父親は中国人民解放軍の前身である「工農紅軍」に参加していた元兵士。日中戦争、国共内戦はもちろん延安への長征にも参加し、49年の建国以降は四川省の地方政府で公職に就き、チベット自治区の副主席まで務めた。母親も、四川省のある郷で女性初の郷長を務めた人物。18歳違いの夫とは、地区の党書記の紹介で結婚したという生粋の共産党員だ。

王が4歳のころ、父親は森林工業局に携わることになり、一家は都市部から森林に囲まれた大金県(現・金川県)に移り住んだ。折しも中国は数千万人の餓死者を出した大躍進政策の時代。しかし、自然の中で暮らしていた王は、幸いにも飢えることなく育った。

文化大革命のさなかの69年、王は学校を辞めて森林工業局傘下の営林処の職員となった。森の中で一人、伐採や炭焼きなどをするのが仕事だった。1年余り働いた後、人民解放軍に入隊。アムール川や新疆ウイグル自治区の中国・ソ連国境で紛争が勃発したことから、解放軍は増員を推し進めていた。

軍人となった王は71年には故郷を離れ、吉林省の鴨緑江沿いの地域に赴任し、北朝鮮との国境を守ることになった。王は、進んで偵察兵となり、必要な知識や技術を学ぶと同時に、何より度胸を磨いたという。78年には小隊長に昇進。現場を離れ、大連陸軍学院で1年間学ぶ機会を与えられた。優秀だったが、平気で教本や教師に反論する異端児でもあった。83年からは、遼寧大学の党政専修班で学び、経営管理の学位を取得した。86年の卒業後は軍を離れて大連市西崗区人民政府に転じ、弁公室副主任となった。

転機は88年に訪れる。西崗区政府傘下で数百万元単位の巨額の負債を抱えるデベロッパーがあり、負債を返済できれば、その会社の所有権を得ることができるという情報を入手した王は、軍隊時代の仲間を集めて資金をつくり、見事に負債を返済し、企業経営者へと転身したのだ。これが、万達集団の母体となった。

資金がまだ乏しかった時代、王を支えたのは、軍隊時代に生死を共にした元同僚たちだった。足りない資金は、銀行勤務の戦友を通して調達した。割当制で容易には得られなかった不動産の開発許可は、大連の不動産関連企業にいた戦友から割り当てを譲ってもらうことで、プロジェクトを進めた。

92年、大連万達房地産集団公司を設立し、2008年には本社を大連から北京に移した。商業施設などの開発と経営で富を築き、最近では映画産業やスポーツ産業に投資するなど、万達集団は規模だけでなく、事業の幅も広げている。