ケルン、メディカルチェックの問題でU-20フランス代表FW移籍が破談に…大迫のライバルは到着せず

写真拡大

▽ケルンは15日、リールから完全移籍で獲得予定だったU-20フランス代表FWセール・ギラシー(20)の交渉が、メディカルチェックで発覚した問題によって破談したことを発表した。

▽ケルンは、600万ユーロ(約7億円)の移籍金で獲得予定だったギラシーに関して、メディカルチェックで発覚した問題によって、獲得を見送ることになったと発表した。

「セール・ギラシーは、ケルンが行ったメディカルチェックで問題が発覚した。したがって、これまでの交渉は白紙に戻り、ケルンへの移籍は成立しない」

▽2015年夏にリールに加入したギラシーは、186cmの長身ストライカー。卓越した身体能力と決定力を誇る同選手は、2016年1月に半年間のレンタルで加入したリーグ・ドゥ(フランス2部)のオーセルで16試合に出場し、8ゴールを挙げる活躍を披露していた。

▽また、フランス代表の世代別チームの常連であるギラシーは、今年5月に行われたトゥーロン国際大会にも出場していた。

▽なお、ギラシーは今回の移籍交渉が決裂したため、新シーズンはリールでプレーすることになる。