着けるだけでヒンヤリ……冷感インナーのメカニズム

写真拡大

例年にない猛暑が予想されている今年の夏。想像するだけでグッタリしてしまいそうだが、「教えて!goo」にも「教えてください!外回り営業の『夏の暑さ対策』」と悲鳴のような相談が寄せられている。外回りとなれば上着も必要だろう。少しでも涼しく過ごすためには、冷感インナーに頼るのも対策のひとつだ。今回は着けるだけでヒンヤリするという魔法のメカニズムに迫ってみた。

「冷たく感じてもらうには、直接冷やすだけでなく、皮膚から熱を移動させる方法があります。皮膚から熱を奪うわけです」。そう話すのは「COOLMAGIC(クールマジック)」を発売している男性用肌着で有名な繊維メーカーのグンゼだ。

■皮膚から熱を奪う「接触冷感」

冷感インナーを紹介する際に「接触冷感」という言葉がよく使われるが、まさにこのことである。「生地に手が触れて『冷たく』感じるときは、手から生地へ瞬時の熱の移動量が多い場合が該当します」(同社)と説明する。

クールマジックは、グンゼとクラボウが共同開発した中空糸「クレメルマスター」と呼ばれる素材を使用。※毛細管現象で水分が繊維に移動しやすく、糸の断面に空洞があるイメージだ。吸湿性と放水性という相反する二つの機能を備えた画期的な生地となる。さらに毛羽立ちにくいため、肌触りもなめらかだ。なめらかさもヒンヤリとした感触を与える効果がある。

そして「接触面積が大きいと熱の移動も大量になる」とし、「接触面を増やすためにフライス(ゴム編み:表編みと裏編みとを交互にくり返し、縦方向に畝ができるようにした編み方――「goo辞書」より)よりもシングル編みのよりフラットな天竺編み(別名平編み。筒状でなく平らに編まれた編物――「goo辞書」より)を選択」することで冷感機能をさらに高めたという。

■技術の粋を集めた最先端の肌着

冷感インナーとは技術の粋を集め、シルクの心地良さを再現した最先端の肌着だったのだ。効果を実感できるシチュエーションとして、グンゼはお風呂上がりとスポーツの後の着替えを挙げている。貴族でなくてもシルクをまとえる現代人の喜びを体験してみるといいだろう。

なお、冒頭の質問の回答を見ると、体臭を予防するデオドラントタイプのウエットシートや、移動中は上着を脱いで紙袋に入れて持ち歩くことなどが提案されている。冷感インナーはもちろん、これらの知恵を組み合わせ、きたる猛暑を乗り切ろうではないか。

※毛細管現象
液体中に細い管を立てると、管内の液面が管外よりも高くなるか低くなる現象。液体の表面張力によって生じ、水のように管壁をぬらす場合には上昇する。吸い取り紙などにみられる。毛細現象。(「goo辞書」より)

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)