「結婚前提のお付き合い」をしたい女性が知っておくべき4つのこと

写真拡大

20代後半を過ぎると、男性とお付き合いを考えるとき「結婚」の二文字がちらつき始める人も少なくないはず。また、最近では大学在学中にお付き合いをはじめ、卒業後1、2年したら結婚する……なんてカップルも多いですよね。

とはいえ、まだ知り合って間もない彼に「結婚を前提にお付き合いしてください」なんて伝えたら、“重い女”と思われそうで気が引けるもの。

結婚前提のお付き合いって、普通のお付き合いとどう違うのでしょうか。今回は、戦略的に(?)幸せな結婚を手に入れた、既婚女性にそのテクニックを伺いました。

■結婚前提のお付き合いは破局しにくい?

まずはじめに、結婚したい女性に耳寄りなアンケート結果をご紹介します。

株式会社シーマが実施した『結婚に関する意識調査』によれば、「恋人とは結婚を前提に付き合いますか」という質問に対して、「必ずしも結婚を前提としてはいない」と回答した未婚男女は、約半数の49.6%でした。

結婚は一生を左右する大きな決断。一定期間のお付き合いを経て、相手の人柄をよく見極めてから慎重に進めていきたいと考える人が多いようです。

しかし、ここで注目しておきたいのが、「恋人と結婚を前提に付き合う」と「前提としてない人」の交際期間の長さ。前者では、最長交際期間3年が18.6%に対して、後者は12.5%。さらに、最短交際期間3ヶ月の人の中では、「前提とする」が22.1%に対して、「前提としてない」が45.0%と、ほぼ倍に。

結婚を前提としたお付き合いは、破局しにくいという結果が明らかになりました。

つまり、結婚をしたいなら、感情や勢いに身を任せてとりあえず付き合うより、「本当にこの人と一緒にいて幸せになれるのか」といった冷静な見極めがポイントのようです。

■結婚前提のお付き合いをするポイント

では、結婚前提のお付き合いから見事ゴールインした女性たちは、具体的にどのようなことを実践していたのでしょうか。経験者の声を伺いました。

ときめき<条件

「アラサーになって周りがどんどん結婚し始めたことへの焦りから、『絶対1年以内に結婚する』と自分の中で期間を設けました。恋愛のトキメキより、経済力や頼りがいなど、条件で相手を見るようになったので、冷静な見極めができたと思う」(29歳/通信)

結婚前提のお付き合いをしたいなら、ときめきよりも相手の条件を重視したほうがよさそう。

とはいえ、条件だけを見てしまうと、理想ばかりが高くなり、どんどん結婚は遠のいてしまいます。条件オンリーではなく、ときめきが少しでもあるかないか、も判断材料に入れておきましょう。

次に付き合う相手は「結婚前提」と公言

Wedding proposal

「28歳の頃、3年付き合っていた彼に振られました。30歳までには絶対に結婚したいという気持ちがあったので、友達でも合コンでも『結婚前提じゃないとつき合わない』と公言してました。その半年後、職場の同期から交際のオファーが。1年の交際期間を経て、ギリギリ三十路手間でゴールインしました」(31歳/主婦)

周りに「結婚したい」という意志を伝えておけば、それにつながる出会いが増えるかもしれませんね。また、告白をされたりしたら「自分は〇歳までに結婚をしたいから、結婚を考えられる人じゃないと付き合えない」と言うのも、結婚前提のお付き合いを手に入れるワザですよ。

ずるずる付き合わない

「学生時代から6年間付き合った彼がいましたが、結婚の話をしても『うーん、そのうちね』と流されるだけ。私は自分の両親に会わせたのに、彼は恋人がいることすら親に話していなかったようで、このままじゃ婚期を逃すと思い、お別れをしました。その3ヶ月後に、今の旦那と出会いました。あのまま、ずるずる付き合ってなくて本当に良かったと思います」(29歳/金融)

アラサーになってもなお、結婚の話をはぐらかす男性は最初から結婚する気がないものと見なしてOK。例え長年付き合ったとしても、無駄な時間になってしまう前に見切りをつけましょう。「結婚する気がないのなら別れよう」と言ってもいいかもしれませんね。

長所より「短所」に注目する

Couple enjoy holiday under heart cloud in park

「長い結婚生活を円満に過ごすには、相手の嫌なところを受け入れられるかどうかが大切。つき合い始めたころはどうしても相手のいいところばかり見てしまうので、すぐに同棲を始めて“長い時間一緒にすごしても苦痛でないかどうか”を見極めました」(25歳/アルバイト)

「恋は盲目」ということわざの通り、恋愛感情が燃え上がっているうちは、冷静に相手の本質を見極めることができません。まずは自分の中で「結婚したい時期」を明確に決めること。その上で、いくつかの選択肢の中から、自分の条件に見合ったパートナーを探していくのがポイントのようです。

結婚後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔しても、もう遅い。結婚前提のお付き合いをするなら、「本当に彼と結婚して幸せになれるのか」をよく考えてから慎重な決断をくだしていきたいものですね。