プレゼンテーション現場写真 (C) Lucasfilm 2016

写真拡大

ロンドンのエクセル・ロンドン・エキシビジョン・センターで現地時間7月15日から17日まで開催される『スター・ウォーズ』の世界的祭典「スター・ウォーズ・セレブレーション」。このイベントで『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のメイキング映像がサプライズ公開された。

[動画]『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』メイキング映像

『ローグ・ワン』は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフで、史上最も有名な悪役ダースベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をつなぐ架け橋的作品だ。

7月15日16時よりはじまったプレゼンテーションには、MCとして『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でキャプテン・ファズマを演じたグェンドリン・クリスティーが登場。彼女の呼び込みで現れたのは、『GODZILLA ゴジラ』の監督で、本作のメガホンをとるギャレス・エドワーズ監督と、ルーカスフィルムの社長で、本作ではプロデューサーをつとめるキャスリーン・ケネディ。

さらに、本作の主人公ジン・アーソを演じるフェリシティ・ジョーンズ、ジンをサポートする反乱軍(正義)のキャシアン・アンドアを演じるディエゴ・ルナ、盲目の戦士チアルート・イムウェを演じるドニー・イェンなど、『ローグ・ワン』に出演する超豪華メンバーが集結した。

今まで語られることのなかった全く新しいエピソードを描くとあって、イベントには、謎が多い本作のことをいち早く知ろうと約4000名のファンが集まる中、プレゼンはスタート。 観客が固唾を呑んで見守る中で、このセレブレーション最大のサプライズとなったのが世界初公開の約2分間のメイキング映像だ。「子どもの頃の夢が実現した」と語るエドワーズ監督、「いつもドキドキしている」と話す主演のジョーンズを中心に、スタッフとキャストの『スター・ウォーズ』への愛情や、彼らが手間暇をかけて製作している様子が丁寧に紹介されている。

また、窃盗・暴行・書類偽造と悪いことは何でもこなすトラブルメーカーで、一匹狼の“やんちゃなヒロイン”ジンが、本作では反乱軍(正義)の仲間とともに、帝国軍(悪)の究極の兵器“デス・スター”の設計図を入手するために決死のミッションに挑むのだが、このメイキング映像の中に描かれている、帝国軍の攻撃を受けるながら走りぬけるジンが手に持っているのは設計図か? など。本動画には見どころが多い点にも注目だ。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日に全国公開となる。

【関連記事】
『スター・ウォーズ』スピンオフの映像解禁!ヒロインのキャラ明らかに
『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』撮影開始!新キャストも発表
[動画」主人公を演じるフェリシティ・ジョーンズがヒロイン演じる映画『博士と彼女のセオリー』予告編
フェリシティ・ジョーンズは『ダ・ヴィンチ・コード』続編『インフェルノ』にも出演!