70年ぶりにイノベーションされたコンドーム「LELO HEX」 とは!?

写真拡大

-11

SOURCE:https://www.lelo.com/ja/hex-condoms-original

望まない妊娠や性感染症を未然に防ぐのに、貢献してくれるコンドーム。しかし、近年では使用量が減少し、性感染症の広がりを食い止められていない。そんな現状を変えるために生み出されたコンドームが「LELO HEX」だ。表面が蛇の鱗のような六角形になっており、従来のコンドームと違うのは明らか。

開発したのはスウェーデン発のラグジュアリー製品を販売している「LELO」。研究や検証を終えて、商品化に至った。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=r6J_R_qA3nA]

 かかった歳月は7年 コンドームの再設計ではなく再考案

新しいコンドームを商品化する場合、承認を得るのに10年かかるといわれており、新しい素材を使用するとなると、さらに複雑になってしまう。今まで、コンドームの形状が変化しなかった理由もそこにある。しかし、「LELO」は素材のラテックス(樹液を加工して作られたゴム)を変更せずに、デザインそのものにイノベーションを与えた。コンドームの構造を変えることを思いついたのだ。そこで、現れたのが六角形という形状。研究や検証に7年間、中でも、適切な成型を求め、異なるサイズの六角形や薄さを検証するのに3年を費やした。

なぜ六角形? 自然界から得たヒントがコンドームを強くする

どうして「LELO HEX」の表面は六角形になっているのだろうか? その答えは自然界が教えてくれた。六角形は蜂の巣や蛇の鱗などに利用されている。これらはハニカム構造と呼ばれ、六角形を隙間なく並べた構造のこと。他にも、サッカーのゴールや一眼レフカメラのシャッター幕でも採用され、科学の世界で最も薄く強い素材として、知られているグラフェン(平面はダイヤモンドより硬いといわれている)も六角形の構造。この構造は強度を保ちながら、薄さを損なわず、「LELO HEX」全体を覆う350辺の六角形が表面上ずれることなく、どんな動きにもぴったりと合わせてくれる。また、独自の0.055个HEXネットに0.045个離薀謄奪スパネルを融合させ、強靭なだけではなく、薄さも怠ってはいない。

 HIVに感染した俳優チャーリー・シーン 「LELO HEX」を支持

彼は「LELO HEX」の支持者のひとりで、2015年11月に自らがHIVに感染していることを打ち明けた。2006年以降コンドームの使用量は年々、減少傾向だったが、2015年以降、彼がコンドームの重要性を語ったことで、HIVワクチンの使用量が400%も増えた。人々に性感染症を防ぐ治療を進め、同じ境遇の人々に手を差し伸べる活動を行っている。彼は「LELO HEX」の使用者でもあり、自らの経験を通して、性感染症を予防することの重要性を説いている。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=0iOOPY0pQf4]

 「LELO HEX」が創造する未来

前述したように、近年、コンドームの使用量が減り、性感染症が増えている。「LELO HEX」は世界にセーフセックスに関するメッセージを発信している。望まない妊娠、性感染症を防ぐ一番の方法はコンドームだということを、だ。

「LELO HEX」は公式サイトでPayPalにて日本でも購入可能。日本までの送料は無料と記載されている。クラウドファンドサイト『INDIEGOGO』での資金調達も行っている。新しい技術とデザインから生まれた「LELO HEX」手にしてみてはどうだろう。

2

SOURCE:https://www.lelo.com/ja/hex-condoms-original

【参考】

※ インティメイトなライフスタイル製品を提供するリーディングデザイナーブランド - LELO

※ LELO HEX - The Worlds First Re-Engineered Condom | Indiegogo