脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』が大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、いよいよ84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』がリリース。たちまち、アマゾンの「子育て」「算数」ジャンルで第1位となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。
今回は、子どもの「海馬」が急激に「大人の」海馬になる瞬間を、著者に説明してもらおう。

大人と子どもの計算は
どこが違うのか?

 夫の久保田競も、2014〜2015年に行われた「子どもの計算メカニズムの研究」発表に愕然としたと言います。
 その発表とはどんなものなのでしょうか?

 子ども(小学校低学年が被験者、7〜10歳ごろ)も大人も計算は、前頭前野でしています。

「計算とは、数で考えること」なので、前頭前野でするのが当然ですが、子どもは前頭前野で計算して、答えを前頭前野で「短期記憶」しています。

 一方、大人も計算するときは前頭前野でしていますが、答えを海馬と頭頂葉 で「長期記憶」しているのです。

 数が言えるようになった子どもに、「1たす1は、いくら?」と聞いてみます。
「1」と言ったときは、首を振ったり、指を1本曲げたりしています。
 
 続けて「たす1」と言うとき、最初に「1」と言ったときのように、首振りや指曲げをして、「2」と答えます。

「エッ!なんと答えた?」と聞いてもなかなか答えられません。
 子どもは、すぐに忘れてしまうからです。
 時には、間違った答えを言うこともあります。

 子どもは計算時に、指を動かすなどの余分な運動(カウンティング行動)をするので、すぐには答えられません。

 答えは「前頭前野」で記憶しますが、ずっと覚えていられないので、間違って答えるのです。

 大人が正確な計算ができるのは、「長期記憶」をつかさどる海馬が働いているからです。

 子どもの海馬はまだ働いていないのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)