©2016 Disney/Pixar

写真拡大

創立30周年を迎えたピクサー・アニメーション・スタジオでは、『トイ・ストーリー』シリーズや『モンスターズ・インク』シリーズなどの大人気作品がつくられ続けてきました。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

“もしも”おもちゃたちが動き出したら、“もしも”人間を怖がらせるモンスターたちの世界があったら。

ディズニー/ピクサーが描く作品には、“もしも”からはじまる世界が広がっています。

2016年7月6日にDVDが発売されたのは、ディズニー/ピクサー映画最新作『アーロと少年』。

大自然を舞台にしたこの作品では、現実と見間違うかのような、美しくリアリティのある映像と物語が描かれています。

「アーロと少年」に秘められたメッセージとは[PR]

ディズニー/ピクサー映画『アーロと少年』の“もしも”の世界を題材に、自由研究をしてみるのはいかがでしょうか。

どうして絶滅? …もしも恐竜がいきていたら?

『アーロと少年』の主人公は、恐竜の子ども『アーロ』です。

しかし、現実には恐竜はいません。

どうして恐竜は滅びでしまったのでしょうか。

巨大隕石が衝突 地球の地軸が変化した 大洪水が発生した

滅びた理由は諸説ありますが、何らかの理由で地球に変化が起こり、その時代を乗り越えることができなかった恐竜などの生物たちが絶滅することなりました。

物語の冒頭に出てくるのは、6500万年前の地球です。

『アーロと少年』は、巨大な隕石が衝突せずに恐竜が文明をもった“もしも”の世界。

主人公の恐竜『アーロ』も、言葉を話し、山の麓で農場を営む一家の一員としてうまれ育ちます。

もしも、実在の恐竜が文明を持ったら?

『アーロと少年』には、様々な恐竜が登場します。

アパトサウルス

主人公『アーロ』とその家族は、『アパトサウルス』という巨大草食恐竜です。

©2016 Disney/Pixar

草食動物だから、文明を持った物語の中でも、畑を耕し農作物をつくっていたのです。

アパトサウルスは、首と尻尾が大変長く、体長は20メートルを越えると言われています。

電車1両の当たりの長さと同じか長いくらいの大きさです。

映画に登場する『アーロ』はとても小さな恐竜として描かれていますが、彼の身長も5.5メートル。

車両用の信号機と同じくらいの高さとは驚きです。

ティラノサウルス

窮地に立った『アーロ』を助ける、『ブッチ』一族は『ティラノサウルス』という肉食恐竜です。

©2016 Disney/Pixar

おそらく世界で最も有名な恐竜でしょう。

地上最大級の肉食動物とされていますが、文明を持ったこの作品では、家畜を育て暮らしています。

体長はおよそ11〜13メートル、強靭な顎を持った巨大な頭と小さな手足が特徴的です。

スティラコサウルス

少年に『スポット』という名前をつけるきっかけを与えた『フォレスト』は、『スティラコサウルス』です。

©2016 Disney/Pixar

顔に巨大な角を持ち、群れで暮らす草食恐竜で、物語の中で森でたくさんの動物達と一緒に暮らすことが出来ていたのもそのためでしょう。

出てくる古代生物はまだまだ沢山!

『アーロと少年』に出てくる恐竜や古代生物は他にもたくさん!

上記以外にも『イナズマドカン』や牛泥棒『ブッパ』といった恐竜や翼竜も登場します。

©2016 Disney/Pixar

この作品をつくったアニメーターたちも多くの標本や資料をみたり、実際に様々な場所に訪れたりと、研究を重ねたそうです。

リアリティを追求しつつ、個性豊かなキャラクターに仕上がったのは努力あってこそ。

映画と恐竜図鑑と見比べながら、登場するキャラクターがなんという種族なのか、図鑑と違うところはあるのか、探してみるのも楽しいですね。

また、東京にある国立科学博物館や大阪市立自然史博物館など、恐竜の標本が展示されている国内施設も多数存在しますので、実際に訪れてみると新しい発見があるかもしれません。

人間と動物の逆転、食べ物を奪う“ずるいいきもの”

『アーロ』たちが育てた野菜を奪いに来る「ずるいいきもの」、それが人間の子ども『スポット』です。

©2016 Disney/Pixar

物語の中で『アーロ』はこん棒を持ち、「ずるいいきもの」を退治するように父親にいわれますが、実行することが出来ませんでした。

これは物語の世界だけの話ではありません。

2016年の日本でも同じような問題がおきており、山林で暮らしているクマやサル・イノシシなどの野生動物が食べ物を求め、人間の住む街に降りてくることがあります。

人間は食べ物を奪われることを防ぐために、駆除をしたり、罠をはったりします。

『アーロ』たちが、人間に対しておこなったことと同じですね。

人間、特に農家にとって野生動物の襲来は死活問題です。

しかし、『アーロと少年』という“もしも”の世界では、私たちと同じ人間が野生動物として描かれています。

大自然を舞台にした友情の物語の中で、私たち人間はもっと多くのことを学ぶことができるでしょう。

物語で描かれる「真実」と「虚構」

“もしも”巨大な隕石が衝突しなかったら? と描かれた架空の世界。

この作品をつくるために、ディズニー/ピクサーはリサーチを重ね、リアリティを追求していきました。

『アーロと少年』は、全てが人の手で作られたアニメーション映画ですが、物語を通じて、地球の歴史、そして現代社会を見つめなおすことが出来ます。

宿題の予定がある方もない方も、ディズニー/ピクサー映画『アーロと少年』で、思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

「アーロと少年」に秘められたメッセージとは[PR]