いいの着てんね! 高級感のある浴衣の特徴4つ【男子の本音】

写真拡大

女性が着る物の値段は、男性にはわかりにくいもの。夏本番でリッチな浴衣を奮発しても、いいものだと伝わらなければ残念ですよね。何を高そうだと思ってくれるのでしょうか。男性のみなさんに、女性の浴衣で高そうと思うものの特徴について聞いてみました。

■柄に特別感がある!

・「柄が独特で他の人とはかぶらないようなもの」(26歳/金融・証券/専門職)

・「柄が非常にこっていておしゃれ。安物ってありがちな単なる模様という感じがする」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「柄が手作り。手縫いなどです」(39歳/商社・卸/営業職)

浴衣の柄がいかにもプリントのような柄だと、スーパーで安売りしていそうに見えますよね。高級感をプラスするには、意匠をこらしたものがベターなようです。

■生地がいい

・「生地がしっかりしていて染色が立派な浴衣」(33歳/金融・証券/営業職)

・「あまり透けていない浴衣が高級感があり高そうに感じます」(28歳/商社・卸/営業職)

・「綿生地に花柄の模様が描かれた正統派の浴衣」(35歳/建設・土木/技術職)

薄い、粗いなど、見るからに安っぽい生地もありますよね。浴衣は染料も仕上がりを大きく左右します。発色がいいものは生地もいいものを使っていそうに見えますね。

■パリッとしてる!

・「シルクや折や素材がきれいな和服を着ている子は素敵に見える」(36歳/金融・証券/営業職)

・「折り目があまりなく、誰が着てもきれいそう」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「着崩れしない浴衣。見た目でも品があり、好感が持てる」(38歳/情報・IT/技術職)

いい浴衣は折り目正しく、何度か着てもくたびれた感じがしませんよね。できるだけパリッとさせておくと、きちんとケアされた浴衣に見えそうですね。

■小物がリッチ!

・「しっかりした生地で、帯がおしゃれ」(29歳/その他/その他)

・「ブランドもの。浴衣以外にも高いものをつけている」(34歳/その他/その他)

・「浴衣のときに持つカバン。夏祭りのときしか使えないと思う」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

きんちゃく風の手提げなど、和風の小物を持っていない人はけっこういます。普段使いをしにくいのが原因の一つでしょう。持っていると、その日のためにわざわざ用意した感じがして高級感も演出できるかも。

■まとめ

いろいろなポイントが指摘されてきましたね。このように、実は男性もしっかり観察している女性の浴衣。普段使いはしない浴衣ですが、せっかく着るなら高級感のあるものを選ぶと、男性にも喜ばれるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性105件(25歳〜35歳の働く男性)