AI技術活用のドライブログ機能。愛車の走行ログが分かる(画面イメージはアプリ開発中のもの)

写真拡大

インターネットを活用した企業のマーケティング支援事業などをおこなっているイード(東京都新宿区)は、人口知能(AI)を使った行動情報の分析・調査事業などを行うレイ・フロンティア(東京都江戸川区)と、スマートフォン向けアプリ「e(イー)燃費Ver.(バージョン)4.0」を開発し、2016年7月から配信を行っている。

行動情報の分析・調査事業のレイ・フロンティアと提携

「e燃費」は、愛車の燃費やメンテナンス情報などを、アプリ、モバイル、パソコンで管理できる、ユーザー参加型のオンラインサービス。イードが00年から運営している。

今回のアプリのバージョンアップでは、AI技術を活用した「ドライブログ機能(運転自動記録機能)」を新しく追加し、精度の高い移動情報の取得ができるようになった。また、ユーザーインターフェースを一新し使いやすくわかりやすいデザインに。アプリによるバッテリー消費も抑え「エコノミー(節約)×エコロジー(環境)」を兼ね備えたサービスに進化したという。

「e燃費」は登録会員 (16年7月現在65万人)の投稿データをもとに実燃費参考値を算出。カタログ燃費との比較で分かる達成率を提示し、ユーザーはそれを自動車購入の参考として役立てている。「e燃費」はまた、店舗ごとに変化するガソリン価格情報など、カーライフをサポートする情報やサービスの提供を行っている。

Ver.4.0で追加された「ドライブログ機能」は、トリップ(移動開始から終了まで)毎の、移動手段(自動車、徒歩、バス、電車など)を自動判別し、ルートや時間、距離、速度を記録。旅行のルートや思い出の記録、燃費が良くなる走行ルートの発見や、移動手段の見直しなどに活用できるという。