共和党支持のアーノルド・シュワルツェネッガーだが…

写真拡大

(…前編「ジョニデは特殊メイクでトランプ茶化す!」より続く)

◆移民のシュワルツェネッガーはトランプに反感?

ハリウッドでは少数派と言ってもいい共和党支持者には、それでもクリント・イーストウッド、ブルース・ウィリス、カリフォルニア州知事を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーらといった映画界の大御所がいる。だが、今回の大統領選について、イーストウッドはほとんど発言しておらず、シュワルツェネッガーは大統領予備選挙で候補だったジョン・ケーシックを応援していた。オーストリア出身のシュワルツェネッガーは移民に対する暴言を続けるトランプに好感を持つはずがなく、インタビューでトランプの名前が出されると、席を立ったこともある。

彼ら以外で支持を表明しているのは、マイク・タイソン、デニス・ロッドマンなど、悪名も高い一癖ある元スター・アスリートたち。ほかには『ビッグ・ウェンズデー』や(キアヌ・リーヴスの相棒役を演じた)『ハートブルー』で知られるゲイリー・ビジー、80年代にTVシリーズで活躍したスコット・バイオ、『ユージュアル・サスペクツ』に出演したスティーヴン・ボールドウィンなど。ちなみに兄のアレック・ボールドウィンは筋金入りの民主党員。かつて「ブッシュが大統領に選ばれるなら国外に移住する」と発言したこともあるアレックは、トランプについて「憎しみ(hate)から誕生した初の大統領候補」と評している。

【関連記事】
トム・クルーズ、キャメロン・ディアスも選挙広告に登場!
レオナルド・ディカプリオらが選挙投票拒否の呼びかけ!?
オバマ大統領就任に目を潤ませたビヨンセ
自民党総裁・谷垣禎一が米大統領選の舞台裏を描いた映画を「示唆に富む」と絶賛!