東京都内で涼を感じよう!水族館や花火など、夏ならではのイベント4選のキャッチ画像

写真拡大

暑い夏を涼しく過ごしたい方におすすめ、東京都内で開催中のイベントを4つご紹介します。アクアパーク品川では、花火をテーマに特別な演出が施されています。日本橋三井ホールでは江戸の夏を体感できるアートアクアリウムが開催。そのほか宇宙空間にいるような感覚が味わえるチームラボの展示や、イルミネーションの花火、風鈴の音が楽しめるMIDTOWN ♥ SUMMER2016にも注目です。家にいては感じられない、夏ならではの涼を堪能しましょう!

【開催中〜9月30日】花火アクアリウム バイ ネイキッド

東京・港区の水族館「アクアパーク品川」で、「花火アクアリウム by NAKED」が9月30日(金)まで開催中です!水槽やカフェ、イルカショーなど館内のいたる場所で、日本の風物詩「花火」をテーマにしたプロジェクションマッピングが楽しめます。手がけるのはクリエイティブ集団「ネイキッド」です。もともとエンターテイメント性の高い展示で知られるアクアパーク品川が、ネイキッドによってさらに華やかに彩られます。

【開催中〜9月25日】アートアクアリウム

日本橋三井ホールで9月25日(日)まで、毎年恒例のアートアクアリウムが開催されています。和をモチーフにした大きな水槽の中を泳ぐ和金や出目金、流金、地金、土佐金、ナンキンなど数千匹の金魚が、光や映像など最新技術を使って華やかに演出されるイベントです。初開催から10周年の今年は、10年に渡り主役を務めてきた処女作「花魁」より3倍も大きな作品「新・花魁」が登場します。テーマは「江戸・金魚の涼」。金魚を観賞して涼をとっていた江戸の人々にならい、アートアクアリウムで涼んでみませんか。

【7月16日〜8月31日】チームラボの最新デジタルアート展示

フジテレビのイベント「お台場みんなの夢大陸2016」にて、チームラボによる最新デジタルアート作品が今年も展示されます。2016年の開催期間は7月16日(土)から8月31日(水)までです。注目作品は、まるで宇宙空間にいるような気持ちになれる「クリスタル ユニバース」。大きさは約20m×20m×4mと、チームラボ過去最大のサイズです。さらにチームラボ独自技術の「インタラクティブ4Dビジョン」が使われ、幻想的で涼しげな世界観を味わえます。チームラボのヒンヤリとした宇宙に、触れてみてください。

【開催中〜8月28日】MIDTOWN♥SUMMER

7月15日(金)から8月28日(日)まで、六本木にある東京ミッドタウンで「MIDTOWN ♥ SUMMER 2016(ミッドタウン ラブズ サマー)」が行われます。テーマは「日本の夏の涼を五感で愉しむ」です。日本の三大花火大会「長岡まつり大花火大会」・「大曲全国花火競技大会」・「土浦全国花火競技大会」とコラボし、イルミネーションと音で都会の夜空に花火を映し出します。そのほか小川に足を浸せる「ASHIMIZU」や、15種類もの風鈴の音が聞ける「風鈴彩祭」など、夏の「涼」を楽しめるイベントが盛りだくさんです!