ステアリングホイールにヒーター機能を初採用!

写真拡大

富士重工業は、スバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車第2弾として「フォレスター Brown Leather Selection」を2016年7月11日に発売した。

「2.0i S-Limited」と「2.0XT EyeSight」をベースに、本革シートをはじめとしたブラウンカラーでコーディネートした専用インテリアを採用。ひと目見た瞬間から上質感と特別感を感じられる車内空間を演出した。

また、握り心地のよい本革巻ステアリングホイールにはスバルで初めてヒーター機能を搭載。さらに、パワーリヤゲート、アドバンスセイフティパッケージを標準装備とし、本格SUVとしての機能性と安全性を強化しながら購入しやすい価格を実現した。

価格(税込)は313万2000円〜331万2360円。