2代目となる現行BMW X3は2011年3月から日本でも発売され、2014年にはマイナーチェンジを受けて顔つきを存在感あるものに変更しています。

最近では、ジャガーF-PACEなど新型SUVのラッシュとなっていて、ライバルのメルセデス・ベンツGLCが登場するなどテコ入れが欲しい時期になっています。

1

X3を初めとしたBMWのSAVシリーズは、ディーゼル仕様の比率が高いそうで、8月6日から発売される「BMW X3 Celebration Edition BLACKOUT」も、2.0Lの直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した200台限定車。

ディーゼルらしく380Nmという分厚いトルクによる走りと、輸入車SUVの中でもトップクラスの18.6km/L(JC08モード)の低燃費を両立。「BMW X3 xDrive20d」の中でも最もダイナミックな走りとスタイリングを持つ「M Sport」がベースとなっています。

都会の夜に映える「ブラックサファイア」のボディカラーを採用し、BMWお馴染みの「キドニー・グリル」や力強い造形の18インチ・アルミホイールまで、エクステリアの随所をブラック一色で統一し、クールでスタイリッシュな佇まいを実現。

インテリアもクールな印象を受けるブラック内装で、ブラックの「ネバダ・レザー・シート(フロント・シート・ヒーター付)」に「BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング」が組み合わされています。

これにより、外観との調和がとれたブラックの世界観を演出し、さらに「ブラッシュド・ アルミ・インテリア・トリム」とアルミペダルのアクセントが洗練されたムードも演出。

さらに、上質なサウンドが魅力のHiFiスピーカー・システムに加えて、「BLACKOUT」の文字が刻印されたインテリア・バッジとレザー・キーケースといった専用装備品も用意されています。

「BMW X3 Celebration Edition BLACKOUT」の価格は698万円です。

(塚田勝弘)

都会に映える妖しいムードが魅力のBMW X3 Celebration Edition BLACKOUT(http://clicccar.com/2016/07/16/382312/)