これから雇用が拡大しそうな仕事10選 「オリンピックで●●業は加速していくと思う」ほか

写真拡大

その時代によってニーズの高い仕事ってありますよね。たとえば今だとやはりIT関連や介護の分野なのでしょうか。これから雇用が拡大しそうな仕事についてどんなものあると思うか、みんなの声を聞いてみました。

■介護、医療の分野

・「介護の仕事や、保育士・医者などは需要が減らない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「医療。かなりのひとでぶそく。ひとがほしい」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「介護・タクシーなどの運搬業。現時点で人手不足」(35歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

高齢化によって、介護や医療関連の仕事の人手不足はかなり深刻になりつつあるようです。実際にその現場にいる方々からの「人が欲しい」という切実なコメントも寄せられています。

■東京オリンピック関連

・「英会話が必要な仕事は雇用拡大しそう」(32歳/その他/事務系専門職)

・「オリンピックに向けて建設業は加速していくと思う。」(28歳/医療・福祉 /専門職)

・「海外からの観光客を目的とした販売やサービス」(37歳/その他/販売職・サービス系)

・「観光業。特に観光バスやタクシーなど。東京オリンピックにむけて、日本全体が観光業に力を入れるべきだし、どんどんやってくる観光客に対応しなくてはならないから。」(34歳/小売店/事務系専門職)

2020年の東京オリンピックまであと4年。オリンピックムードの高まりとともに、建設業や観光業などは一気に加速していくような気がしますよね。

■技術開発

・「ロボットを制御する仕事。管理したり修理したりする仕事が需要が増えそう」(30歳/その他/その他)

・「コンピュータ関連の開発などは伸びると思う」(35歳/その他/その他)

・「ロボット化や機械化が主流になるのでプログラマー」(32歳/建設・土木/営業職)

AIが注目を集めている技術開発分野。専門性の高い分野なだけに、知識や技術を持つ人は引く手あまたになりそうですよね。高収入も狙えそうかも。

■まとめ

圧倒的多数だったのが、やはり「介護の仕事」でした。今後というより、今すでに圧倒的な人手不足と言われていますよね。低い待遇面からなかなかなり手も少ないと言われていますが、高齢化か進む中で待ったなしの状況といえるのかもしれません。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数200件(25歳〜35歳の働く女性)

(錦織寿恵/フォルサ)