スマホ、ずっと見ていませんか? 【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

患者にみられた共通点 “寝ながらスマホ”



 いつでもどこにでも持ち歩き、もはや手放せなくなったスマートフォン。でも、ベットでの使用には危険があると英・モアフォールズ眼科病院の医師ら指摘している。

------------------------

 22歳の女性にその症状があらわれたのは来院する1年ほど前から。夜になると右眼に視力障害で出るようになった。右眼で認識できるのは物体の輪郭だけ。その症状は1週間に2、3回のペースで起こっていたが、やがて毎晩発症するようになる。

 眼の検査や視力障害を引き起こす循環器系疾患の検査、MRIなどを実施しても結果に異常はみられない。彼女は飲酒や喫煙、ドラッグもやらない。食生活にも問題はなかった。
 
 また、40歳の女性は一方の眼だけ、起床後の15分間だけ失明が起きていた。この症状は6ヶ月以上、断続的に続いていた。眼を検査してもやはり視力や眼球そのものにも異常はみつからない。

 脳への血流が一時的に悪くなる一過性脳虚血発作の可能性を疑われ、アスピリンを処方された。他の疾患を疑い、様々な検査をしたが異常はみあたらなかった。

 医師たちは患者から詳しい経過を聞いているとおかしな共通点に気づく。ひとつは体に異常はないが、限られた時間だけ片眼に障害がおこっていたこと。もうひとつはスマートフォンの使用だ。

 1人は暗闇でベッドに横たわりながらスマホを操作した数分後に症状があらわれた。そして、もう1人も起床前にベッドでスマホを使った後に発症していた。2人の研究者が自ら被験者になりスマホの影響を調べた。

 人の視力は周囲の明るさに合わせて適応する。たとえば、明るい場所から暗い場所に移動すると、眼は弱い光の中でも視覚を確保するために感度を上げる暗順応という調節を行う。

 また、暗いところから明るいところに移動すると、はじめはまぶしいが眼が感度を落とす。おかげでしばらくすると視野が開ける。これを明順応と呼ぶ。これら眼の調節が2人の症状の鍵を握っているとふんで実験を開始した。

原因解明の鍵は“明順応”と“暗順”



 2人の研究者はSamsungのGalaxy S4の画面を暗闇で最大限明るくし、片眼で10分または20分間使い続ける。そして、視力の回復や感度の変化を調べた。暗闇でスマートフォンを使って明暗順応の変化を調べ、患者の身に起こったことを明らかにするためだ。

 ベッドの上にいた2人の患者になにがおこっていたか。実は暗い部屋のベッドで横になりスマホを使っていると、枕がスマホからの光をさえぎり片眼だけ暗順応し、もう片方の眼はスマホの光で明順応している状態になっていた。

 そこで暗い部屋でスマホの明かりを消すと、スマホの画面で明順応していた片眼は感度が落ちているので何もみえなくなる。だから、眼に障害が起きたと患者たちは思っていたのだ。

 患者はベッドでスマホを使っているときに片眼が明るく、片眼が暗いと意識しているわけではない。しばらくすると暗順応が起こり視力は回復するのだが、患者は片眼だけが失明したと思っていたのだ。

 1人目の患者の障害は常に右眼に、2人目は左右どちらの眼にも起こっていた。それは寝ながらスマホを使う時の体勢が違ったからだ。

 1人目はベッド上では常に顔の左側面を下に、つまり左耳を下にしてスマホを使っていた。そこでは左眼が枕で暗順応し、右眼がスマホの光で明順応する。2人目は一方向のみを下にする”くせ”がなかったので、左右どちらの眼にも「失明」が起こっていた。

 スマホが普及しているので同じ症状を訴える患者の増加が予想される。英・モアフィールズ眼科病院の医師らは、医師と患者に余計な心配や不必要な検査をさせないために、この2人のケースを医学雑誌『NEJM』で紹介したと記している。

取材・文 山下 祐司