リフレッシュレート144Hz、ゲームプレイに最適

写真拡大

スマートフォンアクセサリーなどを手がけるKODAWARI(東京都文京区)は、ゲーミング向け液晶ディスプレイ「Pixio PX277」を、2016年7月15日に「Amazon.co.jp」で発売した。

27型と大型で、HDの約4倍の解像度のWQHD(2560×1440ピクセル)液晶パネルを搭載。低価格帯ながら色再現性に優れたIPS方式を採用、歪みや色ズレを最小化するほかワイドな178度の広視野角を確保。画面のちらつきを低減する「AMD FreeSyncテクノロジー」対応。リフレッシュレート144Hzでレースやシューティング、リアルタイムストラテジーなどのゲームプレイに適する。

コントラスト比は1000:1、反応時間は4ミリ秒(G to G)。入力インターフェイスはDisplayPort、mini DisplayPort、DVI-D、HDMI。

価格は5万3784円(税込)。

このほか、DisplayPort非搭載でリフレッシュレート60Hzの「Pixio PX274」も同時発売。価格は3万4344円(同)。