15日、モンゴル・ウランバートルを訪問中の中国の李克強首相は安倍晋三首相と会談し、南シナ海問題に日本が干渉すべきでないと述べた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年7月15日、ロイター通信によると、モンゴル・ウランバートルを訪問中の中国の李克強(リー・カーチアン)首相は安倍晋三首相と会談し、南シナ海問題に日本が干渉すべきでないと述べた。

アジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席するため、ウランバートルを訪問中の安倍首相と李首相は15日に会談を行った。新華社の報道によると、李首相は安倍首相に、南シナ海における中国の立場は国際法に完全に沿ったものであると主張し、「日本は南シナ海問題に直接関与している国ではない」と述べ、「あおり立てたり、干渉すべきではない」と語った。日本メディアによると、安倍首相は、南シナ海問題で仲裁裁判所が下した判断は尊重されるべきだと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国はフィリピンがどれほど弱いかを知っているから、恐れていないんだ。フィリピン政府は軍隊を強化する必要がある」

「米国は中国とのあらゆる取引を今すぐやめるべきだ」

「トランプ氏はこの問題で中国を支持するよ」

「ふーん。中国が国際法を守るだって?著作権やダンピング問題と同様にというわけか?」

「国際社会が最優先でやるべきことは、『南シナ海』という名称を、フィリピンやベトナムが合意できるようなものに変えることだ」

「仲裁判決に意味がないとしたら、フィリピンは次にどう出るだろうか?」(翻訳・編集/蘆田)