美白ならトマトでしょ。冷製パスタに、冷たいスープ毎日続けるトマトジュース

写真拡大 (全4枚)

まだ7月なのに、すでに肌の色が暗くなった気がします。
ここからシミやそばかすができるのかと思うと焦りますが、そんな私に朗報が舞い込んできました。なんとトマトジュースを飲み続けると、日焼け肌を回復できるかもしれないというのです。
日焼けしたあとでも大丈夫
美と健康の強い味方であるトマト。リコピンなど強い抗酸化作用をもつ成分を多く含み、抗メタボ効果、抗悪酔い効果など、さまざまな効果が期待されています。さらに今回入った情報によると、「トマトジュースの継続飲用(12週間)は、紫外線により暗くなった肌の色調の回復を早める可能性があることが確認された」のだとか。これはカゴメ株式会社が25歳以上50歳未満の健康な日本人の男女75名を対象とした、ヒト試験による研究の結果です。
その理由としては、トマトジュースに含まれる成分により肌色を暗くするメラニンの生成が抑制された可能性や、また肌のターンオーバー(新陳代謝)が促進されたことによってメラニンの滞留が減少したことなどが考えられています。
夏らしいアレンジでおいしく続ける
水分補給をしっかりとりたい夏。どうせ毎日飲むなら、今回美肌にも役立つとわかったトマトジュースをいただきたい。またときにはアレンジもしながら、おいしく続けたいものです。そこで「カゴメ株式会社の公式サイト」より、トマトジュースを使った夏らしいレシピをご紹介。まずはとっても簡単、グレープフルーツの酸味とはちみつの甘みが夏の疲れた体をいたわってくれる、レッドスムージーから。
グレープフルーツのレッドスムージー

〈材料〉分量(2人分)
・カゴメトマトジュース 200ml
・グレープフルーツ 1/2個
・はちみつ大さじ 1/2
〈作り方〉
1.グレープフルーツは、外側の皮をむく。
2.トマトジュースと、材料全部をミキサーで滑らかになるまで回す。
(「カゴメ株式会社 公式サイト」より引用)

つぎは食卓に華がでそう。オリーブオイルのコクがお口にひろがる冷たいスープです。
トマトジュースで簡単! 冷たいスープ

〈材料〉分量(2人分)
・カゴメトマトジュース 300ml
・オリーブ油 小さじ2
・塩・こしょう 各少々
・レタス 1枚
・ホールコーン 大さじ4
〈作り方〉
1.トマトジュースはよく冷してカップに注ぐ。
2.塩・こしょう、オリーブ油で味を調え、小さくちぎったレタスとコーンをたっぷり入れる。
(「カゴメ株式会社 公式サイト」より引用)

最後は食欲のない日でもさっぱりといただける、栄養満点の冷製パスタです。
トマトとモッツァレラチーズの冷製パスタ

〈材料〉分量(2人分)
・カゴメトマトジュース 160ml
・スパゲティ(細め) 140g
・ミニトマト 6〜8個
・モッツァレラチーズ 1個
・おろしにんにく 少々
・バジル 6枚分
・オリーブ油 小さじ2
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々
〈作り方〉
1.トマトは4等分に切る、モッツァレラチーズは1cm角に切る。
2.沸騰したたっぷりの湯に塩(分量外)を加え、スパゲティを表示の時間茹でザルにあけ、氷水で冷し水気を切る。
3.ボウルに1とトマトジュース・にんにく・塩・こしょうを入れ混ぜ、2を加え、全体を和える。
4.皿に盛りつけ、バジルの葉を飾り、オリーブ油をまわしかける。
(「カゴメ株式会社 公式サイト」より引用)

日焼けしてしまった後でも、トマトジュースがあればきっと大丈夫。そのまま飲んだり、ときにはアレンジを加えたり。おいしくいただくだけなのに、夏の肌に悩まされずに過ごせそうです。
[カゴメ株式会社]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。