クリスピーなドライフルーツを持ち歩いてビタミンチャージ

写真拡大 (全4枚)

日本で昔から愛されているヘルシーなおやつといえば、ドライフルーツがあります。
なかでもビタミンを残しつつ、砂糖や添加物を使わずに作られたからだにうれしいクリスピータイプのドライフルーツ「California Crisps(カリフォルニア・クリスプ)」が日本に初上陸しました。
フルーツ元来の風味が味わえる
プレミアムパッケージ/1,400円、スナックパック/640円(すべて税抜)
そもそも市販されているドライフルーツは砂糖や添加物入りのものが多く、せっかくフルーツを使っているのに、どこかヘルシーとは言いづらい雰囲気がありました。
ですが「カリフォルニア・クリスプ」は砂糖を使わず、無添加。さらにはビタミン、色、そのフルーツ元来の姿や風味をも残すことに成功したのだとか。その秘訣は製造方法にありそうです。
なぜならドライフルーツを作るときは熱風による人工乾燥が一般的とされるなか、こちらは自然乾燥されています。しかも天日乾燥とは違う独自の方法で水分だけを蒸発させ、乾燥させて作られているのです。

盛夏でも持ち運び便利

アルメニアで古くから伝わるレシピにインスピレーションを得て、そこから何度も試行錯誤を繰り返して生み出されたというリフレッシングなクランチースライス。

そのまま食べてもおいしいけれど、ドリンクやカクテルに添えたり、パリッと崩してシリアルやパンケーキと一緒にいただいても素敵。
また盛夏でも持ち運びしやすいので、カバンに入れて小腹がすいたときに食べたり、おしゃれなので手土産にしても喜ばれそうです。
ハワイのパイナップルや、カリフォルニア産フルーツを使って、手作りの「カリフォルニア・クリスプ」。
「DEAN&DELUCA」「コンランショップ」ほかにて購入可能です。
[California Crisps]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。