アニメ「初恋モンスター」の第2話『あゝ華すみ荘』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)日吉丸晃・講談社/竹小学校PTA

写真拡大

AT-Xより順次放送中のアニメ「初恋モンスター」の第2話『あゝ華すみ荘』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第2話では、一目ぼれして付き合い始めた奏が小学5年生だと知った夏歩が、驚きを隠せないでいた/(C)日吉丸晃・講談社/竹小学校PTA

本作は、小柄な女子高校生と、身長173cmという小学生離れした容姿を持つ小学5年生男子との初恋を描くラブコメディー。お嬢様だが、ネガティブ思考の高校1年生・二階堂夏歩は、ある日一目ぼれした男性に思わず告白してしまう。だが、その相手は、まだ小学5年生の高橋奏だった。二人は成り行きで、付き合い始めことになる。

第2話では、一目ぼれして付き合い始めた奏が小学5年生だと知った夏歩が、驚きを隠せないでいた。そんな中、夏歩は華すみ荘の住人で大学1年生の多賀敦史に「夏歩の歓迎会をする」と誘われる。そこで夏歩が、敦史の部屋を訪ねてみると、突然敦史が高圧的な態度で夏歩に…!

なお第2話は、BSイレブンでは7月15日(金)夜11時から放送となっている。