3位浮気より…耐えられない!「一緒の家で生活できない」夫の特徴1位は

写真拡大

一日中ゴロゴロしている夫を見て、「どこか外に行ってくれたらいいのに」と一度や二度心のなかで思ったことのある方……いらっしゃいますよね? はたまた、無神経な発言を繰り返す夫に、「顔も見たくない!」という方も少なからずいるでしょう。

ところで、それより危険水域の「もう一緒に生活したくない」と思ったことはありませんか? 『WooRis』では、既婚女性375名に「夫に言われたりされたりしたら“もう一緒の家で生活したくない!”と思ってしまう言動(複数回答可)」についてアンケートを独自に実施。

世の妻は一体どういったケースで、夫ともう一緒の家で生活したくないと思ってしまうものなのでしょうか?

 

■ワースト3位:夫の浮気が発覚した時(26.9%)

26.9%の方が支持し、ワースト3位となったのが、「夫の浮気が発覚した時」でした。

女好きタイプで常に浮気グセのある夫はさておき、「浮気をするわけがない」と信頼していた真面目な夫が、もし浮気をしたら……ショック以外のなにものでもないですよね? 生理的に嫌悪感を覚えてしまいそうですし、「同じ空気を吸いたくない!」と思ってしまうかも。

ただここで注意したいのが、感情的になってすぐに問い詰めることです。『WooRis』の過去記事「夫の浮気発覚!そのとき妻が“絶対にやってはいけない”3つの行動」のなかで紹介していますが、“離婚したいのか? やりなおしたいのか?”、はっきり自分のなかで定まっていない状況で問い詰めると、かえって状況を悪化させてしまうようです。

浮気発覚の瞬間、「もう一緒の家で生活したくない」と思っても、まずは一旦冷静になりましょう。自分が本当にどうしたいのか? 落ち着いて考えるようにしてくださいね。

 

■ワースト2位:「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」と言われた時(30.9%)

続いてワースト2位は、「“誰のおかげで生活できてると思ってるんだ”と言われた時」となりました。夫として、また父として“家族を養っている”という意識の強い、どちらかといえば昔気質の男性が言いがちなセリフかもしれません。

今は働く女性も多いので、“夫婦のお給料”で生活しているケースでは、このセリフが成立しない場合もありますよね。いずれにせよ、夫から言われるとイヤな言葉であることには間違いないでしょう。こういった言葉をケンカのたびに言われていると、夫が原因となって起こる病気“夫源病”になってしまうことも……。

ちなみに、夫源病は外で働く妻より専業主婦のほうが罹りやすいと言われています。もし、これに思い当たる節があったら、外で働いてみるなど家にいる時間を減らすと、良い気分転換になるかもしれませんよ!

 

■ワースト1位:暴言を吐く(32.0%)

32.0%の方が支持し、堂々のワースト1位となったのが、「暴言を吐く」でした! ワースト2位の言葉もある意味、暴言ですよね……。

“暴言”は字のごとく、他人を傷つける意図で言い放つ乱暴な言葉、言葉の暴力です。こういった発言や相手を見下す態度は、“モラハラ”に当たることも。

夫は無意識のうちにしているのかもしれませんが、こういった言動が続くと、妻の自信がどんどん奪われていったり、うつや自己嫌悪に悩まされたりなどの症状が起こることもあります。

夫婦間のモラハラは気づきにくいものなので、もしこういった症状が見られる場合には、2人の関係性を再確認してみることをオススメします。

 

■番外編

以上、ランキング形式で3位から1位までお伝えしました。参考までに、同調査の4位以下もあわせてご紹介します。

4位:直してほしい所を注意すると逆ギレする(22.1%)

5位:「出て行け」と言われた時(21.9%)

6位:お酒を飲んで暴れる(21.6%)

7位:ゴロゴロして何も手伝わない(16.5%)

8位:料理に文句を言う(14.4%)

9位:怒ると無視する(13.9%)

10位:何でも出しっぱなし、やりっぱなし(13.3%)

 

いかがでしたか?

あらためてランキングを見てみると、6位まで20%を超えており、その内容も深刻度が高いものとなっています。上述の通り、夫婦間のモラハラは目に見えず、気づきにくいものです。

『WooRis』の過去記事「当てはまってない?あなたの夫が実は“モラハラ男”であるサイン6つ」で、夫の言動がモラハラに当たるのかどうかチェックできますので、あわせてご参考ください。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ 3位親子関係、2位夫婦関係を超える「主婦のストレス原因」納得の1位は?

体調不良の原因は夫!? 「夫源病」をもたらす危険な男性の特徴10個

弁護士が警鐘!「DV夫」は幼少期の家庭環境が大きく影響している

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らないと損!キレイママはこっそり使っている「こだわりシャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ 「人通りが少ない道がキケン」は大誤解!本当に子どもが狙われる場所

※ 中居正広も「それだけ!?」と驚き…ミランダ・カーがやってる美の心がけ

 

【画像】

※ マハロ / PIXTA(ピクスタ)