「奥二重」を「ぱっちり二重」に近づける!プロが教えるアイメイクテク

写真拡大

ぱっちり二重に憧れてアイメイクしても、やっぱり“奥二重”感がでちゃう……とがっかりした経験がある奥二重さんは多いのではないでしょうか。

マンネリ化してしまうアイメイクの原因は、実はシャドーワークにあるんです。目元の形が違えば、アイシャドーの入れ方も違います。

今回はプロのヘアメイクで年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が、“奥二重をぱっちり二重に近づける”アイメイクテクニックを伝授しましょう。

■奥二重に「アイライン」はNG

目を少しでも大きく……と思ってアイラインを引いてしまうと、せっかくの二重ラインを消してしまうことに。二重ラインの幅が狭いからこそ、少しでもその隙間をスッキリと見せてあげなくてはいけません。

アイラインは引かず、まつ毛にしっかりとカールを付けてカールキープ力のあるマスカラで上向きまつ毛を保ちましょう。

■重めカラーの「アイシャドー」は目尻側に付ける

まぶた全体にハイライトカラーで明るさを出したら、セカンドカラーからの重めカラーは目尻側にグラデーションを作っていきましょう。

二重ラインになるべくかからないようにアイシャドーを入れることがポイントなので、きっと自分が思っていた以上に外側に色が入ることになると思います。そうすることで二重ラインはしっかりと残ったまま、横に目の奥行きが広がるので、ぱっちり二重の印象に仕上がります。

いかがでしたか? アイシャドーの入れる場所をちょっと変えるだけで、目元はグッと大きく見えます。アイラインは必ず引かなければならないテクニックではありません。奥二重だからこそのアイメイクを楽しんでくださいね。

【筆者略歴】

古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。