中国版ツイッター・微博で、このほど、このほどある男性を写した画像が話題になり、ネットユーザーから次々に「いいね!」が寄せられている。

写真拡大

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、このほど、あるおじいさんを写した画像が話題になり、ネットユーザーから次々に「いいね!」が寄せられている。重慶晨報が伝えた。

【その他の写真】

先日、あるネットユーザーが「重慶楊家坪建設病院で、点滴袋を頭に載せているすごいおじいさんを見かけた」と紹介した。もともとお酒が入っていたペットボトルの両側に穴をあけ、ひもを付けて頭に固定。ペットボトルの最上部に、針金を使って簡単なフックを作っている。

このおじいさんの名は楊度学さん。楊さんは退職前、運送業をしていたため、椎間板ヘルニアを患っている。楊さんは「毎年1回は発症し、ちょっと歩いただけでとてもしんどい」と話し、ヘルニアの治療で毎回10日以上点滴を打たなければならないという。しかし、楊さんには半身不随の妻がいるため、妻のそばを離れるわけにいかないことから、この「点滴キット」を自作したのだという。

この心温まる画像に、ネットユーザーからは次々に「いいね!」が寄せられ、「私も見たことがある。尊敬に値する毅然としたおじいさんだ」との声も寄せられている。(提供/人民網日本語版・編集KN)