1
 
9月にリリースが予定されているiPhone7はiPhone6sと形状に大きな変化がないと言われています。しかし新たに公開された比較画像では、わずかにiPhone7がiPhone6sに比べて小さくなる可能性のあることが分かりました。

微妙に筐体が小さい!

毎日何かしらのリーク情報が公開されている昨今にあっては、もしかするとiPhone7が正式に発表される前に、すでに我々は詳細を知り尽くしていることになってしまうかも知れません。
 

 
中国SNSの微博でリーク公開された、iPhone7とiPhone6sの平面比較図によると、iPhone7のホームボタンの位置やディスプレイサイズこそiPhone6sと完全に一致するものの、ディズプレイ上部にあるスペースがiPhone7より少なくなっており、その結果、筐体全体がiPhone6sよりもわずかに小さくなっていることが分かりました。

これまでのiPhoneケースは使えない?

また、iPhone7とiPhone6sの背面を比較した画像では、すでにある程度リーク情報で分かっていたことではありますが、iPhone7のカメラ面積が6sよりも大きくなっています。カメラの面積が異なり、さらに重ね合わせてみると明らかに両者の位置が異なることから、iPhoneケースは新調する必要がありそうです。
 

 
単に画像を重ね合わせただけなので、実際に筐体のサイズがiPhone6sとどの程度異なるかは定かでありませんが、異なったとしても画像を見る限りでは、6と6sの時同様、コンマ数ミリレベルの差に収まりそうではありますね。
 
なお、iPhone7とiPhone7 Plusにもサイズ以外で違いがあることが分かっています。例えば、iPhone7 Plusは7と異なりデュアルカメラですし、背面には現状ではiPad Proにしか存在しないSmart Connectorが搭載されています。
 
 
Source:威锋网
Photo:Martin Hajek
(kihachi)