台湾、韓国に6回コールド勝ち  世界選手権へ/ポニーベースボール

写真拡大

(マニラ 15日 中央社)野球のポニーベースボール・ポニーの部(中学生)のアジア太平洋地域選手権は15日、フィリピン・マニラで決勝が行われ、台湾は韓国に14−2で6回コールド勝ちした。8月7日から米ペンシルベニア州ワシントン市で開催される世界選手権への出場を決めた。

大会には台湾、日本、韓国、インドネシアに加え、主催国のフィリピンから2チームが参加。二重中学校(新北市)を主力とする台湾は、緒戦で韓国を15−7で下した後、フィリピンの2チームをそれぞれ10点以上の大差で破り、決勝に進んでいた。

台湾は昨年も世界選手権に出場。大会7度目の優勝を果たし、優勝回数で最多記録を持つプエルトリコと並んでいる。

(林行健/編集:杉野浩司)