初日を2アンダーで終えた笑顔の原(撮影:福田文平)

写真拡大

<サマンサタバサ レディース 初日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,582ヤード ・パー72)>
 最終日を終えた直後に「もういいや」と思った「全米女子オープン」の経験が早速活きた。「サマンサタバサ レディース」初日、原江里菜が3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。首位と1打差の2アンダー5位タイにつけた。
ライブフォトでラウンドの模様をチェック!
 
 前半9ホールですべてパーを並べたものの、スコア以上に苦しんだ。ショットが荒れて、1番、2番と連続でバンカーに入れると、4番ではティショットが木の裏に。それでも「調子が良かった」というアプローチ、パットでしのいだ。
 耐えて耐えてようやく実ったのはバックナイン。10番で2打目を1mにつけて最初のバーディを奪うと、14番ボギーとした直後の15番でラッキーも重なりバウンスバック。次の16番パー3では同組の上田桃子が「今日初めて良いのを見た(笑)」というショットでピンに絡めて連続バーディ。大事なホステス大会でトップに食らいついた。
 好調のショートゲームをさらに後押ししたのが気持ちの余裕だ。良いショットをしても中々良い結果につながらなかった全米を経て、「良い結果が出なくても驚かないし、ミスしても“全米に比べたら”と思えた」。不運があってもいら立つことなく「無欲のプレーができました」と常に平常心を貫いた。
 昨年は出遅れたものの最終日に“65”の猛チャージで2位フィニッシュ。今年は1打差と順調な滑り出しを見せただけに、一回り成長した28歳が、そろそろホステス優勝してもおかしくないはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第20回】
期待かかる“サマンサ4人娘”全米帰りの姉貴分に負けない活躍を!
原江里菜のフォトを続々追加中!