【試乗記】充実の足まわりと元気なエンジンに夢中!「TRIUMPH THRUXTON 1200 R」:青木タカオ

写真拡大

どの回転域からでも強烈なダッシュが味わえるパラレルツインエンジンが、なんともパワフルで気持ちいいことか。鋭いスロットルレスポンスと軽快な車体の動きで、時間を忘れるほどにスポーツライディングに没頭してしまう。"R"の称号は伊達じゃない、じつにスリリングな走りが味わえる!

フルモデルチェンジしたばかりのスラクストンRは、60年代の名車のネーミングを受け継ぐ由緒正しきモデル。

昨秋登場したばかりのボンネビルT120をベースに、スーパースポーツも顔負けのショーワ製BPF(ビッグピストンフロントフォーク)やオーリンズ・ツインショックといったフルアジャスタブル・サスペンションを備え、さらにブレンボ製ラジアルマウント・モノブロック4ピストンキャリパー+マスターシリンダー、前後17インチ・ワイドラジアルタイヤという強力な足まわりを持つ。

スパルタンなシングルシートにクリップオンハンドルという前傾となるライディングポジションが物語るとおり、走りもまたアグレシッブなもの。

水冷化された新しい1200cc並列2気筒エンジンは、ピストンやクランクシャフト、エアクリーナーボックスやエキゾーストシステムをスラクストンR 専用設計とし、ボンネビルT120の最高出力80PS/6550rpm、最大トルク105Nm/3100rpmを大きく凌ぐ97PS/6750rpm、112Nm/4950rpmを発揮。低速からアクセルをワイドオープンすればフロントが浮くほどの力強さがある。

薄っぺらいラジエターを目立たぬよう配置し、冷却フィンを刻んだ270度クランクのバーチカルツインは鼓動感やパルスにしっかりとしたものがあり、高めのギヤを使ってノンビリ走っても心地良いし、高回転まで引っ張り上げてもストレスを感じさせないシャープな吹け上がりを満喫できた。

フューエルインジェクションはアマル製時代のキャブレターを模したカバーに覆われ、トライアンフのバーチカルツインらしいトラディショナルなムードを演出しているのもお見事。

【ギャラリー】TRIUMPH THRUXTON 1200 R (42枚)


ライディングモードは「スポーツ」「ロード」「レイン」の3種で、もちろん「スポーツ」がキビキビ走って「R」の真骨頂。切り替え可能なトラクションコントロールを搭載するから、スリッピーな路面でも臆せずアクセルを開けていけるのもいい。そして「ロード」はツーリングなどロングランでは欠かせない扱いやすさを兼ね備える。

モードの切り換えボタンはハンドル左のスイッチボックスに備わり、LCDマルチファンクション表示機能付アナログスピード&タコメーターでは、シフトポジションや燃料計、航続可能距離、サービスインターバル、時計、トリップメーター、ハンドルバーの操作ボタン、ヒーテッドグリップ動作状態、燃費、トラクションコントロール、スロットルモードをディスプレイ。シンプルな外観だが、機能は充実したものになった。

スリッパークラッチのおかげで大胆なシフトチェンジを可能にしているのもありがたい。コーナーの進入などでギヤが高すぎて、トラクション不足を感じたときも積極的なシフトダウンができ、走りのための充実装備があらゆる環境下で乗り手をサポートしてくれる。

18 17インチとなったフロントタイヤに加え、キャスター角22.8度、トレール92mmというスーパースポーツなみのフロントアライメントのおかげで、ハンドリングも先鋭的。

ホイールベースもボンネビルより30mm短く俊敏な走りが味わえるのだが、神経質な面はない。それでもサスペンションをもう少し動かしたいというのなら、TEN=伸び側を少し弱めるといいだろう。車体のピッチングが把握しやすくなり、アクセルをますますワイドオープンすることができた。

現代に蘇ったブリティッシュ・カフェレーサーは伝統的なスタイルに最新のテクノロジーが融合され、走りも一線級。空冷エンジンにこだわる昔ながらの英国車ファンにもぜひとも試乗していただきたいのと同時に、これまでトライアンフに関心のなかった新しいユーザーにもトライして欲しい。

虜となる人が、きっと少なくないはずだ。

■「トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン」公式サイト