14日、騰訊娯楽によると、南シナ海をめぐる中国の主張を否定したハーグの仲裁裁判所の判決の後、日本旅行の写真を公開した台湾の人気歌手、ジョリン・ツァイに対し、ネット上では「国のことは気にしないのか」と批判の声が上がっている。資料写真。

写真拡大

2016年7月14日、騰訊娯楽によると、南シナ海をめぐる中国の主張を否定したハーグの仲裁裁判所の判決の後、日本旅行の写真を公開した台湾の人気歌手、ジョリン・ツァイ(蔡依林)に対し、ネット上では「国のことは気にしないのか」と批判の声が上がっている。

ジョリンはこのほど、姉とともに東京・明治神宮を訪れた写真を公開。ネット上には「敏感な時期に日本を訪れるなんて不謹慎だ」などと批判の声が上がった。

「芸能人は国の恨みなど知らないんだな」「この時期に日本へ行くなんて、頭がどうかしている」「道徳心はどこへ行った」「日本旅行する人は多いが、彼女は公的な人物だろう」「こういう人間は国民といえない」「ジョリン・ツァイって日本人だったのか?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/大宮)