7月12日、アマゾンのプライム会員だけが参加できる年に1度のセール「プライムデー」が開催された。今年の注文数は、去年よりも全世界で60パーセント増加したという。

「アマゾン、2年目のプライムデーの注文は「昨年の60%増」」の写真・リンク付きの記事はこちら

アマゾンは7月12日(米国時間)に「プライムデー」を開催した。プライム会員だけが参加できる年に1度のセール日だ(今回は2回目。最初のプライムデーは、アマゾン20周年を記念して2015年に開催された)。

アマゾンによれば、2015年のプライムデーと比較すると、今年の注文は全世界で60パーセント、米国内では50パーセント増加した。サードパーティの出店者に対する注文はほぼ3倍になったという。

売上も過去最高だったとのことだが、同社はプライムデーの総売上高を明らかにしなかったので、成功のほどを正確に計るのは難しい。ちなみに顧客たちは、2015年(日本語版記事)と同様、ショッピングカート操作の不具合を報告している。

アマゾンによると、2015年のプライムデーの売上げは約4億ドルの追加売上げをもたらし、同社の第3四半期の売上成長の2パーセントを占めたという。

ただ4億ドルという数字は、中国のeコマース巨大企業、アリババが独自に始めた「シングルズ・デー」(独身者の日、11月11日)に比べれば大したものではない。アリババは、2014年の同日には1日で93.4億ドル(日本語版記事)を売り上げた。2015年にはその数字は140億ドルになっている。

ただし、アリババのセールは中国全土の消費者市場をターゲットにしているのに対し、アマゾンはプライム会員に登録している顧客だけを対象にしているので、完全に同等な比較にはならないことは注意すべきだろう。

RELATED