14日、ドイツが1世紀余り前のナミビア集団虐殺についてナミビア政府に公式に謝罪する方針であると報じられ、韓国で注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2016年7月14日、ドイツが1世紀余り前のナミビア集団虐殺についてナミビア政府に公式に謝罪する方針であると韓国・聯合ニュースなどが報じ、韓国で注目を集めている。

ナミビア集団虐殺とは、1904〜07年ごろにかけドイツ帝国の占領軍が現地の先住民ヘレロ族などを制圧するため大量虐殺した事件。虐殺による死者数は諸説あるが最大で10万人に上るとする推計もある。

ドイツの現地メディアは13日、ドイツ政府が集団虐殺についてナミビア政府に謝罪の方針を固め、ドイツ・ナミビア両政府が公式声明を準備していると伝えた。ドイツのガウク大統領も公式の謝罪声明を準備しているというが、賠償は行わない見通しだ。ドイツ政府は謝罪に伴う賠償などの「法的な結果」はないとの立場を示している。ドイツは1990年のナミビア独立以降、同国の開発援助に数億ユーロを投じてきたとして、賠償についてはこれまで拒否を続けている。

このニュースについて、韓国の複数のメディアが「100年以上前の虐殺をドイツが謝罪」などの見出しで報じ、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「ドイツは良識国家だ。英・米・仏・西・日はなぜ謝らない?」
「謝罪する勇気、日本にも見習ってほしい。日本は謝罪するどころか歴史を歪曲(わいきょく)までしてるからなあ」
「北朝鮮も日本も、こういうことから学んでくれ」
「日本がこれを見てどういう思いを持つのか気になる」

「僕らもベトナムに謝ろう」
「日本が反省するなら韓国も一緒に反省しよう」
「日本は過ちを過ちとして認めてほしい。特に、元慰安婦のおばあさんたちが少しでも多く生きているうちに、心から謝罪してくれることを望む」

「欧州の国々は、アフリカでしてきたことについてしっかり謝って」
「正式に謝罪するということではあるけど、よく読むと大したことじゃなさそうだ。特に『開発援助したから賠償拒否』なんて、日本とまるで同じじゃないか」
「ドイツもずいぶん悪さをしてきたんだね」(翻訳・編集/吉金)