近大の市民講座「お口と耳のアンチエイジング」

写真拡大

近畿大学アンチエイジングセンターは2016年7月16日、市民公開講座「お口と耳のアンチエイジング―その減らず口と地獄耳をいつまでも!」を開催する。

耳と口に関する2講演が行われる。

高齢者を対象にした人工内耳や人工中耳などの人工聴覚器医療について話すのは、近畿大学医学部耳鼻咽喉科学教室教授の土井勝美氏。高齢者は加齢による聴力低下が原因で、コミュニケーション障害が発症する危険があるという。認知能力低下や孤立を防ぐためにも、聴力を補うことは大切だ。

もうひとつは、「不老は口から」というテーマで、鶴見大学歯学部病理学講座教授の斉藤一郎氏が講演する。口の若さを保ち、体全体の若さを保つ秘訣を話す予定だ。

会場は、近畿大学東大阪キャンパス(東大阪市小若江)39号館202教室。13時30分から開演(13時受付開始)。参加費は無料。定員200名。要・事前申し込み。

申し込みは、「講演開催日・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・FAX番号」を明記のうえ、メール(antiaging@itp.kindai.ac.jp)またはFAX(06-6729-3577)のいずれかで。

(Aging Style)