夏の花火大会は告白のチャンス? マクロミルが調査結果を発表、告白されたい人は21%

写真拡大

花火シーズン到来!どの花火大会に行く?何を持って行く?誰を誘う?考えるだけでワクワクする花火大会、あなたの恋も花開くかも?今年の参加意向や経験についてマクロミルが調査した。

調査は、一都三県に在住の15〜69歳の男女を対象に実施。調査期間は2016年7月1日(金)〜7月2日(土)。有効回答数は1,482人。

【1】行ってみたい花火大会ランキング:1位「隅田川花火大会」25%、 2位「神奈川新聞花火大会」「鎌倉花火大会」10%

一都三県在住の10代〜60代の男女に、今年行ってみたい花火大会を聞いてみたところ、1位「隅田川花火大会」25%、 2位「神奈川新聞花火大会」「鎌倉花火大会」10%(同率)となった。

隅田川花火大会に関しては、一都三県の4人に1人が行ってみたいと回答。人気の高さがうかがえる。



【2】 花火大会のお役立ちアイテム:1位「うちわ・扇子」、 2位「ノンアルコール飲料」、 3位「タオル・ハンカチ」。飲み物は現地調達よりも持参が吉!?52%が何らかの飲み物を持参して「役に立った」と回答

過去に花火大会に持って行って役に立ったアイテムを尋ねたところ、 1位「うちわ・扇子」46%、 2位「ノンアルコール飲料」38%、 3位「タオル・ハンカチ」36%だった。夜とはいえ真夏の花火大会。暑さや汗対策のアイテムは必須のようだ。

「飲み物」については、「ノンアルコール飲料」(2位38%)、「アルコール類」(9位13%)、「水筒」(10位12%)を合わせると、何らかの飲み物を持参して役に立ったと回答した人が実に52%にのぼることが分かった。飲み物類は現地調達もいいが、持参するほうが安心できそうだ。

また、花火大会で困ったことについても尋ねたところ、 1位「トイレや手洗いが少ない」44%、 2位「帰り道や交通機関が混雑してなかなか帰れない・予定よりも帰りが遅くなってしまう」37%、 3位「虫刺され」27%だった。虫刺されについては「虫よけスプレー」を33%が役に立ったアイテムとして挙げている。花火大会の持ち物リストに加えておくといいかもしれない。





【3】花火大会は告白のチャンス!?21%が「告白されてみたい」!しかし経験者は5%にとどまる

花火大会で告白やプロポーズをされた経験があるかどうかを尋ねたところ、「ある」と回答した人は5%にとどまった。一方、告白やプロポーズをされてみたいと回答した人は21%にのぼり、経験者の4倍にあたる。花火大会は、告白のチャンスであるとも言えそうだ。意中の人がいる方は、今年の花火大会で思い切って告白してみてはいかがだろうか。





■調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・AbemaTV、アニマックスが主催する「ANIMAX MUSIX 2015&2016」をネット初独占放送
・ジャパネットたかたの前社長・郄田明氏が九十九島のCMに復活して登場
・気軽に手紙を楽しむイベント「ふみの日イベント2016 in KITTE」を開催
・美少女メカアクション「レガリア The Three Sacred Stars」がU-NEXTにてデジタル最速配信
・車内で冷えた伊右衛門をどうぞ。「伊右衛門 おもてなしタクシー」が登場