15日、環球時報によると、ベトナムの首都ハノイで、今年整備する道路の名称に南シナ海の諸島の名を付けようという動きが起こっている。写真はハノイ。

写真拡大

2016年7月15日、環球時報によると、ベトナムの首都ハノイで、今年整備する道路の名称に南シナ海の諸島の名を付けようという動きが起こっている。

同市が市議会に提案したのは26本の道路の名称。うち2本について「西沙(パラセル)諸島」、「南沙(スプラトリー)諸島」を意味する名を冠したい考えで、「南シナ海におけるベトナムの主権を広く知らしめ、国民の愛国心を奮い起こすため」だという。2本の道路はいずれもベトナム共産党のグエン・フー・チョン書記長の故郷に位置する。

南シナ海の領有権問題をめぐってオランダ・ハーグの仲裁裁判所が12日に出した判決について、ベトナム政府は歓迎の意を示している。中国の主張がはねつけられたことを受け、ベトナムのある弁護士は「ベトナムにとって有利な結果だ」とコメント。「判決の中から関連の法律を学び取り、今後に活用することができる」と語った。(翻訳・編集/野谷)