ホンダが2009年まで生産していたFRオープン2シータースポーツ『S2000』が復活するというリポートを、欧州エージェントから最新のレンダリングCGと共に独占入手ししました。

1

エクステリアは、新型『NSX』から多くの意匠を受け継いだ、スピード感のある、ブランド・アイデンティティに溢れたデザインとなりそうです。

気になるパワートレインは、新型『タイプR』の2リットル直列4気筒をデチューンしたものという情報もありますが、エージェントから届いたリポートには、1.6リットルから1.8リットルの直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高馬力は330psを発揮すると明記されています。

先代「S2000」は、2リットル直列4気筒で250psを発揮しましたが、後継モデルでは革新的な進化を遂げることになりそうです。

また、駆動方式はFRが見直され、ミッドシップに変更されるようです。

ワールドプレミアはホンダ70周年にあたる、2018年が有力と伝えています。

(APOLLO)

ホンダ・S2000復活! ミッドシップで330馬力を発揮?(http://clicccar.com/2016/07/15/385402/)