「ひな鳥の冒険」は7月16日(土)に「ファインディング・ドリー」と同時上映!/(C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

アニメーション史上全米歴代No.1のオープニング成績を記録した「ファインディング・ドリー」が7月16日(土)より日本公開。既に全米では大ヒット作である「アナと雪の女王」などの最終興収も超え、'16年全ての公開映画の中でNo.1の興行収入を達成している。

「ファインディング・ドリー」では上川隆也が日本語版声優に起用された

そんな本作の大ヒットの一因とも言われているのが、ディズニー/ピクサーの新たな才能の発掘の場となっている短編作品。このたび「ファインディング・ドリー」と同時上映となるピクサー史上超絶もふもふキュートな短編アニメーション「ひな鳥の冒険」(原題「PIPER」)の本編映像が解禁された。

「ひな鳥の冒険」は、海岸線で食べ物を得るために、生まれて初めて巣を出て冒険する幼い腹ペコな小鳥(シギ)の物語。今回解禁された映像では、もふもふでキュートで怖がりな小鳥が生まれて初めて餌を探しに、勇気を出して大きな海に向かっていく姿が描かれている。

しかし子供のシギにとって最大の問題が。実は食べ物が深く埋まっている海岸線の砂は、冷たくて、濡れていて、しかも恐ろしい波が襲い掛かってくる。だが、新しくできた小さな友達の助けを借りて、この小さな鳥は自らの恐怖心を乗り越えてお腹を満たせることを願いながら、勇気を振り絞ってもう一度突っ込んでいく。

また、羽や砂、水など全てがとても緻密にリアルに描かれており、まるで実写と見紛うような映像に誰もが驚かされるに違いない。もふもふでキュートな小さな鳥は、抱きしめたくなるほどかわいく、誰もがくぎ付けになりそうだ。親に頼らず成長していく姿も表情豊かに表現されている。

ディズニーやピクサーの短編映画は、長編本編に引けを取らない人気があり、それだけを集めた短編集が発売されるほど。さらにピクサーの短編アニメーションは過去11回もアカデミー賞にノミネート(うち3作品受賞)されており、アカデミー賞の常連としてクオリティーの高さにも定評がある。

また、短編は次世代を担うクリエーターの登竜門としても注目されており、短編監督を務めた後、長編アニメーション監督を務める人も多く、次世代のピクサーを担うクリエーターが育つ場としても注目を集める存在だ。

本作の監督を務めたアラン・バリラーロ氏は'97年に入社した後、「トイ・ストーリー2」や「モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」などさまざまな長編アニメーションのアニメーターとして活躍。ようやく本作で監督を務めることになり、長編アニメーションで培った実力を存分に発揮している。

アラン・バリラーロ監督は、なぜシギを主人公にしたかについて「アニメーターとして普段からあらゆるものがキャラクターに見えるんだけれど、ビーチでランニングをしている時に鳥と打ち寄せる波を見て、この映画のアイデアを思いついた。

実は、この映画のストーリーは、3人の子供を持つ親である、僕自身のとても個人的な物語でもあるんだ。いい親とはどういうものなのか、どうやって子供に恐怖を乗り越えさせるのか。そういったものを伝えたかった。皆さんが楽しんでくれることを祈っているよ」とコメントした。

日本でもヒット間違いなしと目される「ファインディング・ドリー」と同時上映となる本作を、親鳥になったつもりでほっこりと見守ろう。