血液からあなたの老化がわかります(写真はイメージ)

写真拡大

高齢者と若年成人の血液を比較したところ、高齢者でのみ量が減少もしくは増加している化合物を確認したと、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の柳田充弘教授らと京都大学の共同研究チームが発表した。

研究チームは、老化研究でこれまで「血液」はほとんど対象となっていなかったことに注目。特に、血液全体のおよそ半分を占める主要な構成成分であるにもかかわらず、重要な検査項目と見なされていなかった「赤血球」を対象に詳細な分析をおこなった。

研究では、まず15名の若年成人(25〜33歳)と15名の高齢者(74〜88歳)から、赤血球を含む血液サンプルを採取。液体に含まれる物質を検出できる「液体クロマトグラフィー質量分析法」で血中の代謝物を特定し、さらにそれらの物質のうち、高齢者の体内で量が増加している化合物と、減少している化合物を調査している。

その結果、14種類の化合物で増減を確認した。減少していた化合物は、主に抗酸化物質と筋力に関わるもので、「カルノシン」「ウリジンニリン酸-N-アセチルグルコサミン」「オフタルミン酸」「1,5-アンヒドログルシトール」「ロイシン」など。増加していた化合物は、腎臓および肝臓機能の低下に関与している「シトルリン」や「ジメチルグアノシン」などとなっている。

これらの化合物は、その量の変動が互いに関連していることも確認されており、体内量の増減が相関関係にあるという。

研究チームは、化合物の増減をコントロールし、抗酸化物質量の減少と筋力の衰えを防ぐには、抗酸化物質を多く含む食物を摂取し、適度な運動を続けることが重要であるとし、今後さらに健康長寿の鍵を握る化合物の解明を続けていくとしている。発表は、2016年4月19日、「米国科学 アカデミー紀要(PNAS)」オンライン版に掲載された。

参考文献
Individual variability in human blood metabolites identifies age-related differences.
DOI: 10.1073/pnas.160302311 PMID:27036001

(Aging Style)