画像

写真拡大 (全3枚)

 日本交通とフリークアウトは、合弁会社「株式会社IRIS」を設立した。新会社ではタクシー車両内のデジタルサイネージを配信対象とした動画広告商品「Tokyo Prime」の開発および販売を行う。

 日本交通グループのJapanTaxiとフリークアウトは、合弁会社「株式会社IRIS」を設立した。IRISは、新たにIoT型デジタルサイネージ端末を独自開発した上で、東京都心を走行する日本交通のタクシー車両への設置を進めている。

 また、そのデジタルサイネージ・ネットワークを配信対象とした動画広告商品「Tokyo Prime」を開発し、フリークアウトを通して販売を開始した。

 「Tokyo Prime」は、約10インチの大型パネルに動画広告を配信することができ、ビーコンを活用して広告に関連したURLを対応スマートフォンに通知することも可能になっている。

 IRISでは今後同端末の展開を進め、2020年までに東京都心のタクシーを中心に、日本全国で5万台の展開を計画。さらに、多言語や決済手段の拡充など、インバウンドへの対応も進めていく。

MarkeZine編集部[著]