写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タクシーの日本交通グループは、JapanTaxi、フリークアウトと合弁会社「株式会社IRIS」(以下IRIS社)を設立し、IoT型デジタルサイネージ事業を開始すると発表した。

IRISは、新たにIoT型デジタルサイネージ端末を独自開発した上で、東京都心を走行する日本交通のタクシー車両への設置を始めており、またそのデジタルサイネージ・ネットワークを配信対象とした動画広告商品「Tokyo Prime」を開発し、フリークアウトを通して販売を開始した。

IoT型デジタルサイネージ端末は、タッチパネル対応10インチの大型高精細パネルで、これを社内に設置して、動画広告を配信する。端末はビーコンを活用した「フィジカルウェブ」に対応しており、広告に関連するWeb URLを対応スマートフォンに通知できる。

IRISは今後、このIoT型デジタルサイネージ端末の展開を進め、2020年までに東京都心のタクシーを中心に、関連する商業施設等含め日本全国で5万台展開を計画しているという

(丸山篤)