ダラス警察はなぜ「爆弾ロボット」を使ったのか:SWAT戦術専門家ら、語る

写真拡大

7月8日(米国時間)にダラスで発生した警官射殺事件は、ロボットによる容疑者爆殺という前例のない結末を迎えた。なぜ、そしてどのように爆弾ロボットが使われたのか。そして、この事件は武装した警察ロボットが稼働する世界の始まりなのか。ミズーリ州スプリングフィールドの元警察副署長で、SWAT戦術の専門家であるスティーヴ・イアムスに『WIRED』US版が訊いた。

「ダラス警察はなぜ「爆弾ロボット」を使ったのか:SWAT戦術専門家ら、語る」の写真・リンク付きの記事はこちら

7月8日(米国時間)の朝、ダラスで警察のロボットが、警官射殺事件の容疑者マイカ・ジョンソンを爆殺した(日本語版記事)。それは、おそらく前例のない出来事であった。

しかし、ミズーリ州スプリングフィールドの元警察副署長でSWAT戦術の専門家でもあるスティーヴ・イアムスは、この事件は武装ロボットがあまねく稼働する未来のはじまりではないと話す。

Black Lives Matter」の抗議デモで起きた警官射殺事件の攻防は、さまざまな理由で特殊なものであり、警察のロボットによる爆殺は、おそらく警察にとってのただひとつの選択肢だったと彼は言う。

警察は、使用された爆弾ロボット装置の詳細や、正確にはどのようにロボット装置が容疑者を殺害したのか、そしてロボット使用に至った経緯については明らかにしていない。しかし、イアムスは多くの要因がロボット使用という奇抜な戦術の決定に導いたのだろうと説明する。

なぜ「爆弾ロボット」だったのか

事件の詳細は明らかになっていないものの、ダラス警察署長のデヴィッド・ブラウンは、ロボットを現場に持ち込んだのは、容疑者との交渉決裂後だったと話した。「容疑者との銃撃戦となったため、ロボットの延長装置に爆弾を取り付け、容疑者のそばで爆発させる以外に選択肢はないと判断した」と、ブラウンは話した

イアムスはこの談話より、ダラス警察は容疑者を見つけることができなかったのだと解釈した。「容疑者は、警察に見えない場所に隠れていたのでしょう」とイアムスは言う。「もし居場所を特定していれば、間違いなくライフルで狙撃していたはずです。また、コンクリートで弾が跳弾する可能性を考えて、おそらく彼らは銃弾がいくつも飛び交うのを避けたかったのでしょう。銃撃を最小限に抑えたかったのだと思います」

ダラス警察署長の話を受けて、イアムスはSWATでの長年の経験から、容疑者はバリケードに隠れていた、もしくは警察が突破しなければいけない何かの中にいたのだと考えている。警察には、容疑者の要塞を突き破るだけの強力なパワーが必要であったのだろう。

イアムスは言う。「突破にあたっている上官を呼び、彼にこう言うでしょう。『ロボットをもっていき、容疑者に降伏のチャンスを与え、もし降伏しないのなら爆弾を作動させる』と」。おそらく警察は、ヴィデオフィードを通して容疑者と会話し、彼らが爆破を決行する前に、銃を置くよう警告していただろう。

RELATED

爆弾ロボットはどのように容疑者を殺害したのか

イアムスによると、ロボットによる容疑者の爆殺方法には、直接爆発、もしくは二次的爆発によるものの2通りが考えられるという。

爆弾の信管除去に使用されるロボットは、弾頭を撃ち抜くための水銃(「キャリバー50」や12ゲージの銃)を装備していると彼は言う。「水柱のショットはライフルの銃弾と同じように高速で、物を吹き飛ばします。彼らはそれらのひとつを使って容疑者をうまく狙撃し、殺害したのかも知れない」とイアムスは話す。

しかし、もし容疑者がバリケードの中に居たならば、警察は似たようなやり方でドアを突破することがしばしばある。それが2番目の可能性だ。

「警察によるバリケード突破の多くが、ウォーターインパルスチャージと呼ばれる方法で行われています」と彼は言う。「IVサイズの袋に入った普通の塩水を用意し、袋の片方に発射装置をセットすれば高速の水でドアを撃ち抜くことができます」。もしこの方法がとられたのならば、容疑者は爆発による過圧力、あるいは高速で発射される水流で負った損傷により死亡したのであろう。

イアムスによると、警官の9mm拳銃の銃弾は秒速約1,100フィート、昨夜容疑者が撃ったライフルでは秒速約3,000フィートだという。そして、ドアや壁を突破する際に用いる起爆薬は秒速25,000フィート以上の速さでドアを突き破る。この発射体は容疑者を殺害するのに十分な速さであろう。

しかし、爆風の圧力によって容疑者が殺害された可能性も考えられる。超音速の爆風は、人体の内部の液状物を正面から背中まで爆風と同じ速さで押しやる。イアムスは、この爆風が内蔵を破壊するのだと言う。

これは稀なケースだったのだろうか

この事件は、警察ロボットが容疑者を殺害する時代の始まりなのだろうか? 批評家たちは、ダラスでの事件が、警察ロボットによる殺害の水門を開けるきっかけになるのではないかと危惧している。

「陸上ロボットは、より安全かつ簡単に使用できる致命的な武器となり得るため、過剰に使用される危険性があります」と、アメリカ自由人権協会の政策アナリストであるジェイ・スタンリーは言う。「これら武器の遠隔操作での使用は、技術が進歩に応じて社会全体で注意深く考慮・検討されて行くべきもので、使用は例外的な場合のみに制限されるべきである」

軍事専門家のピーター・シンガーは、今後警察によるロボットの使用が増えるのは間違いないが、そのロボットに武器を装備させるかどうかはまだ議論の余地があると言う。「グーグルの自動運転車の問題と同じです」とシンガーは話す。「技術はある。でもいまは『できるかどうか』でなく、『すべきかどうか』の議論をするところにいるのです」

しかしイアムスは、議論に関わらず、殺人警察ロボットの使用はかなり慎重に行われるだろうと予想する。ダラスの事件は、境目の出来事ではなく、特殊な要素が重なった、本当に稀な状況だったと話す。

「これまでこのようなケースがあまりなかったのは、歴史的にこのような緊迫したレヴェルに達したことがなかったからです。解決する方法はほかにもあるのです。ほとんどの場合、容疑者を目でとらえ狙撃できるのですから」と彼は言う。

aflo_LKGG955288

事件の余波は全米での抗議活動を呼んでいる。写真は7月8日、警官による銃撃に対するホワイトハウス前での抗議デモのもの。PHOTO: AP / AFLO