マツダ「アクセラ」がマイナーチェンジを遂げました。

今回の変更点は、内外装、1.5リッタークリーンディーゼルの新設定、人馬一体感を強める『G-Vectoring Control』の初採用、カメラを使った歩行者を認識するプリクラッシュブレーキなど、その内容はビッグマイナーチェンジといえるものです。

1

そうした進化のひとつに、ディーゼルエンジンの官能性アップも挙げられます。具体的にはノック音を抑え、ディーゼルでありながら心地良いサウンドを目指したといいます。

マツダでは、ピストンピンにダンパーを組み込むことで周波数帯3.6kHzのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を展開済みですが、さらにアクセラのマイナーチェンジに合わせて「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」という技術を投入しています。

これは、燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で微妙に変えることで、周波数帯1.3kHz、1.7kHz、2.5kHzあたりのノック音を低減させるというテクノロジー。

加えて、DE精密過給制御を搭載することで、エンジンのトルク応答性を改善。ドライバビリティに優れたクリーンディーゼルとしているといいます。

こうした洗練は、1.5リッター、2.2リッターいずれのディーゼルエンジンにも採用。あえて排気量による差別化をせず、クリーンディーゼルの官能性を味わえる設定としているのもディーゼル派には嬉しい進化といえそうです。

(撮影:小林和久 文:山本晋也)

【関連記事】

マツダ・アクセラが大幅改良! 新設定1.5Lディーゼルの価格は230万3640円
http://clicccar.com/2016/07/14/386124/

アクセラのマイナーチェンジで社長登壇の発表会を行うマツダの思いは?
http://clicccar.com/2016/07/14/386139/

官能性も手に入れた、マツダのクリーンディーゼル「スカイアクティブD」(http://clicccar.com/2016/07/15/386201/)