14日、AFP通信によると、仲裁裁判所が南シナ海において中国が主張している主権を否定したことを受け、フィリピンが中国に仲裁判決を尊重するよう求めた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年7月14日、AFP通信によると、仲裁裁判所が南シナ海において中国が主張している主権を否定したことを受け、フィリピンが中国に仲裁判決を尊重するよう求めた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

仲裁裁判所は12日、南シナ海において中国が主張している主権を退ける判決を出したが、中国はこれに強く反発している。フィリピン政府は判決後、中国に対して判決に従うよう求めることを避けていた。だが、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議の開幕を控えた14日、フィリピン政府は中国に判決を尊重するよう求めた。フィリピン外務省が発表した声明によると、ヤサイ外相が会議の議題で仲裁裁判の判決を話し合うよう提起するという。また、平和的で法に従った方法で南シナ海問題に取り組むという枠組みの中で、判決を尊重する必要性について議論するとの考えを示した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国は国連から脱退すべきだ」

「中国は文明国で、世界平和のリーダーとなる国だから、最終的には仲裁裁判所の判決を受け入れると信じているよ!」

「フィリピンの大統領は声明を発表するのではなく、中国を訪問して両国に有利になるような協議をすべきだ。さらなる利益を確保するために、判決結果を交渉材料に使えるのだから」

「ヤサイ外相は自国民に対して、米国の犬になるのではなく自分たちを尊重するよう呼びかけるべきだ」

「中国が占領している島に工場を作って、社会保険も完備した報酬でフィリピン人の労働者を雇えばいい」

「中国のように他国いじめをする国には、時には武力が必要だ」(翻訳・編集/蘆田)