ゲッ…見られてた!出勤前にサッとできる「ワキの汗染み」対策3つ

写真拡大

連日猛暑が続く日本列島。少し外を歩いただけでも、汗をかいてしまいますよね。そうなると女性は気になるのが脇の汗染み。

誰でも汗はかくものですが、汗染みはどこか不潔で嫌悪感を与えるものです。また、脇の下というのは自分からは見えないので自覚がなく、じつは見られてた!なんて恥ずかしい思いをすることも……。

汗染みを防止する方法としては脇汗パットを装着することが一般的ですが、洋服によっては着けられませんし、分厚くて暑くるしく感じるものです。

そこで今回は美容ライターの筆者が、出勤前にできる“脇の汗染み対策”3つをご紹介します。

■1:舞妓さんの知恵を応用

汗染みを防止するためには、脇汗を抑えることが手段の一つ。人の体は、圧迫されているところからは汗が出にくくなっています。

その仕組みを知ってか、舞妓さんは古くから脇や顔、上半身の汗を抑えるために着物の下にさらしを巻いたり、帯をきつく結ぶのだそう。この知恵を日常着に応用し、ブラジャーのホックをきつく締めると効果が得られるのだとか。

脇や上半身の汗は抑えられますが、発汗する量は変わらないので他のところから汗が出るというデメリットはあります。また、締め付け過ぎるのは体に良くないので、出社後エアコンのきいたオフィスで汗をかくことがなければ、普段のホック位置に戻しましょう。

■2:防水スプレーが有効

脇の汗染み対策として、デオドラントスプレーや塗布剤などが市販されています。たくさん種類があり、汗の量を減らすもの、臭いを抑えるもの、汗染みを防止するものなど、効果もさまざま。

なかでも、服に吹きかけるタイプの防水スプレーがオススメです。汗をかいても撥水作用で染み込まず、汗染みになりません。体の自然現象である発汗を抑えるわけではないので、どこか健康的な気もしますよね。

汗染みだけでなく、見えない襟裏などにも防水スプレーをしておけば、黄ばみなどもの染みや汚れを最小限に抑えられるので、頻繁に着るオフィス服に使用してみるのもいいでしょう。

■3:世界最古のデオドラント剤

現代のようにデオドラント剤が存在しなかった遥か昔、古代ローマ人はミョウバンと呼ばれる複合塩を制汗剤として使用していたそう。カリウムやアンモニウムが混ざった自然から採取できる自然塩の一種。現在人工で作られるミョウバンは、デオドラントスプレーの成分や、インスタント麺などに食品添加物として使われています。

アルカリ性の汗やニオイ成分を、酸性のミョウバンが中和することで汗染みと消臭対策が同時に行えます。

スーパーなどで200円程度で市販されているので、最も安く、安全に使える世界最古のデオドラント剤というわけです。粉状のミョウバンを少量脇にそのまま塗布するか、水に溶かしてガーゼなどでつけるのも良いでしょう。

以上、今回は出勤前にできる“脇の汗染み対策”3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

汗染み対策以外に、濡れると色が目立ちやすい、グレーや水色の服もデートの時は避けるべきです。電車のつり革を持った時やバイバイと手を振った瞬間、汗染みが露わになるとマイナスイメージ。

お出かけ前にササッとできる対策で、汗染みの悩みを解消してくださいね。