ミス・コリアの結果が8日、発表された。しかし、誰が優勝したかというより、日本のネットユーザーの間では、候補者34人が「全員同じ顔に見える」というのが大きな話題になっている。

写真拡大

毎年韓国で開催されている伝統的なミスコンテスト、ミス・コリア2016の結果が8日、発表された。しかし、誰が優勝したかというより、日本のネットユーザーの間では、候補者34人が「全員同じ顔に見える」というのが大きな話題になっている。ネットユーザーからは、「みんな全く同じ顔。同じ金型だな」「多重影分身の術だろう」などの声が寄せられている。中国紙・参考消息が伝えた。

【その他の写真】

香港紙・苹果日報によると、選抜大会の公式サイトには34人の画像が紹介されており、髪型や髪の色、アクセサリー、写真の背景のカラーなどが少し違うのを別にすると、いずれも大きな目に高い鼻、トンガリあご。また、ミス・コリアの公式Facebookに投稿されている屋外で撮影された画像を見ると、みんな同じ服を着ているため、全く見分けがつかない。そのうちの3人は「三つ子!?」と思ってしまうほどソックリだ。

そのため、今回はミス・コリア選抜大会というよりは、「形成外科の博覧会」、「(美容整形)医師の技術コンテスト」と揶揄されているほか、整形している人は候補者の資格を取り消した方がいい。本当の顔で真剣勝負すべきだといった声も上がっている。

ちなみに、グランプリに輝いたのは女子大生のキム・ジンソルさん(22)。ソウル出身で、淑明女子大学声楽科に在学中。身長177センチ、体重53キロで広告ディレクターになるのが夢という。(提供/人民網日本語版・編集/KN)