松山は初日1オーバーでホールアウト(撮影:ALBA)

写真拡大

<全英オープン 初日◇14日◇ロイヤルトゥルーン(7,190ヤード・パー71)>
 日本勢8名が出場する『全英オープン』。8名のなかで先陣を切った松山英樹の初日は、3バーディ・4ボギーの“72”となり、1オーバーでのフィニッシュとなった。

 前半9ホールを終えて、2アンダーとした松山だったが、後半10番で1つ落とすと、13番ではティショットをフェアウェイど真ん中に置いたものの、約170ヤードの2打目をグリーン奥にこぼし、3打目の約10ヤードのアプローチがピンを3mオーバーし、ボギー。
 イーブンパーで迎えた終盤17番パー3では、ティショットを左に曲げて左手前のブッシュにつかまると、約30ヤードのアプローチはグリーン逆サイドへ。3打目の約10ヤードのアプローチを2mにつけると、ボギーパットはしっかりと沈めて1オーバー。
 このままホールアウトし、苦しい展開で初日を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>