14日、韓国メディアによると、従軍慰安婦を描いた韓国映画「鬼郷」の収益金が、韓国の元慰安婦らに寄付される。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウル日本大使館前の平和の碑。

写真拡大

2016年7月14日、韓国・YTNによると、従軍慰安婦を描いた韓国映画「鬼郷」の収益金が、韓国の元慰安婦らに寄付される。

韓国京畿道にある元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」は同日、「『鬼郷』の制作会社がナヌムの家や財団に5億ウォン(約4500万円)を寄付する予定」と明らかにした。

制作会社は「国民の力で作られた映画であるため、当然、被害女性の人権を回復する事業に使われるべき。今後も寄付リレーを続けていく計画だ」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「素晴らしい愛国心!」

「制作会社の皆さんにたくさん幸せが訪れますように。本当にありがとう」

「寄付するのは良いことだが、映画を観ていない人や映画を批判した人が売国奴扱いを受けるのはおかしい」

「朴大統領は慰安婦関連資料のユネスコ登録事業の予算削減を撤回するべき!父親を称賛する事業の2000億ウォンは簡単に出すのに、慰安婦被害者のための数億ウォンは出せないの?」

「日本政府の10億円など必要ない。韓国政府はすぐに日韓合意の破棄を宣言するべき」

「被害者のことを考えると悲しくて胸が痛い。長生きして、必ず日本政府の謝罪を受けてほしい」(翻訳・編集/堂本)