▽ちょっとちょっと、劇的な試合が多すぎたんじゃないの、13日のJ1リーグ。浦和の決勝点が90+3分、川崎の決勝点が90+4分、横浜FMは90+1分、福岡は90+2分。これ、みんなで申し合わせてやったでしょ。テレビで決勝点見て、他のチャンネルに回すとそこでも決勝点っての4チャンネルでやったんですよね。だから全部時間が違うんですよね。これで2ステージ制安泰ですよね。って関係ないか。

▽他にも柏と広島が3-3の派手な打ち合い演じたりして、みんなでJ1盛り上げなきゃって伝わってくるような展開じゃないですか。……って中で、ちょっと大変そうだったのが、湘南。見ている限り、決定機を作れていなかった。でもね、それだけじゃないんです。

▽元気ない!! どうした、それでも「湘南の暴れん坊」か! と言いたくなるほど覇気がない。まぁ相手が鳥栖で戻りが早く、しっかりとブロックを作られちゃったら、なかなか飛び出していくスペースもなかったんですけど。それに加えて、選手間の距離が長くなってしまって、パスが通らなくなってしまってたんですけど。

▽けれど、そんなの全部関係ないっちゅうか、球際で常に後手に回ってたら、「You can釻t open the sky」つまり、「そら、あきまへんわ」。カテナから元気がないのか、元気がないから勝てないのか。少なくとも、横浜FM vs湘南で見せた気迫はありませんでした。悲しいなぁ。

▽こんな調子で今週末の神戸戦を迎えると、場合によっては降格圏内に……いやいや、そんな予想は止めておきましょう。だって前々回の名古屋や前回のFC東京のこともあるし、どうも今、このコラムで名前を挙げるといろんな人に恨まれそうで(汗)。

▽ということで、今週の見所は浦和vs大宮ってことにしましょうか。これならセカンドステージでも年間でも3位vs7位の対決という、順位安定型な戦いってワケですから。

▽あ、そう言えばセカンドステージの予想で大宮15位にしてた! こ、このままならそんな心配はいらないですね。でももしかすると、このコラムに書いたから今後は (((;゜Д゜))) 【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。